[映画批評]ハリエットはティーン・スパイ

Harriet the Spy: Blog Wars [DVD] [Import]



今回は、「ハリエットはティーン・スパイ(Harriet the Spy:Blog Wars)」の批評

ハリエットはクラスのブログ担当を勝ち取りたいがために、大人気のティーン・アイドル、スキャンダー・ヒルの素顔を暴こうとするが・・・

zashは、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーが大好きだから、観たんだけどすごいつまらなかった
人間性を疑うキャラ設定で、ティーン映画だから良質なのは期待してなかったけど、これはひどすぎる
無理やり感ありありだし、自分の為に他人のプライバシー明かして、みんなにすごい子扱いされるのはどうなのか
あまりにもスキャンダーが気の毒
劇中でスキャンダーが歌う曲はなかなかいい

主演は、「ウェイバリー通りのウィザードたち(Wizards of Waverly Place)」のハーパー役で有名なジェニファー・ストーン(Jennifer Stone)
本作のジェニファーは、まあまあ可愛い
づかづかと歩いてるのが、ちょっと気になった・・・
ライバル的嫌な奴のマリオン役に、ヴァネッサ・モーガン(Vanessa Morgan)
「ヴァンパイア・ベビーシッター(My Babysitter's a Vampire)」で観た時から、可愛いなーと思ってたけど、すごい可愛い
今後ブレイクしてほしいなー
他の出演者は、あまり知らない俳優ばかりだった
カナダ人俳優が多く出演
スキャンダー・ヒル、なかなかカッコいい

中盤から眠たくなるし、へんな映画だった
80分強が随分長く感じた
「ウェイバリー通りのウィザードたち」のファンなら、観て損はないかな








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント