[最新映画批評]オール・ユー・ニード・イズ・キル<先行上映>

EOT

今回は、「オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)」の先行上映に行ってきました

日本原作の小説がハリウッド映画化されるのは史上初って事もあって、日本原作を随分大々的に宣伝してる印象を受けたしかも世界的に結構評価も高めで、「HEROES」のマシ・オカもtwitterで「素晴らしい作品で、日本原作として誇れるハリウッド映画」と言ってたので期待して観に行った

全体的に確かに素晴らしい出来栄えやっぱりトム・クルーズ(Tom Cruise)は、どんなに疲れてても一日一本映画を観るほど映画好きなだけあって映画の作り方を知っている
映像、音響もすごい響いてきて迫力がすごい
内容は、ちょっと「ミッション:8ミニッツ(Source Code)」っぽい感じで、死んでも何回も何回もタイムループして徐々に変えていくって話
何回も同じシーンが出てくるけど、うまくつなぎ合わせてあって全然飽きない
結構最初はトムっぽさがないけど、何回も同じ事を繰り返して気が遠くなりそうな主人公の気持ちをトムがうまく体現していて、徐々にたくましくなっていく様子がしっかりと伺える最後の方になるとさすがトム・クルーズとらしさ全開
ヒロインのエミリー・ブラント(Emily Blunt)もいつも通り素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれる見た目もきれいだし、演技もいろんな役ができて本当に素晴らしい女優要注目
TV版の「ロビン・フッド(Robin Hood)」のロビン役ジョナス・アームストロング(Jonas Armstrong)が出てる事をエンドロールで知った
「ボーン・アイデンティティー(The Bourne Identity)」の監督だからタイトルロールとか演出が、あぁ、ボーンっぽいと感じた

zashは、3D字幕版がやってなくて3Dじゃなかったけど3Dだったらもっと迫力の映像が楽しめるはずほんと3D字幕毎回やってほしいわ~
やっぱりトム・クルーズの映画は面白いと改めて実感

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント