[映画批評]ムービー43

ムービー43 DVD



今回は、「ムービー43(Movie 43)」の批評

全米映画史上かつてない酷評を受けたオムニバス・コメディ

デニス・クエイド(Dennis Quaid)が、考えた話として話が展開
ここまでおバカな企画をデニスが考えたと思うと面白くて笑いを誘う

「ネック・ボール(The Catch)」
首から○○をぶら下げた男の話で、その男をヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)が演じてて、意外と顔とマッチしてて面白い
ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)のもどかしさも伝わってくる

「自宅学習(Homeschooled)」
リーヴ・シュレイバー(Liev Schreiber)、ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)夫妻が登場
やりすぎ自宅学習で、両親が友達役までして、高校生活の全てを再現
実際にパートナーの二人を起用したところがイイ

「プープ・オン・ミー!(The Proposition)」
この映画の中では、一番面白かったかな
アンナ・ファリス(Anna Faris)とクリス・プラット(Chris Pratt)のキュート夫婦が絶妙なやりとりで面白さを発揮
ちょっと汚いけど、この2人の真骨頂が観れる

「ムラムラ・スーパーマーケット(Veronica)」
キーラン・カルキン(Kieran Culkin)とエマ・ストーン(Emma Stone)のやりとりがスーパーの店内放送で流れる
エマ・ストーンが可愛い

「コスプレ・合コン・ナイト(Super Hero Speed Dating)」
ジェイソン・サダイキス(Jason Sudeikis)演じるバットマンが軽快で面白いジャスティン・ロング(Justin Long)がロビンを、クリスティン・ベル(Kristin Bell)がスーパーガールを、ユマ・サーマン(Uma Thurman)がロイスを演じてる
スーパーマンをちょっと小バカにしてる
往年の「バットマン」のTVシリーズを彷彿とさせる演出有り

「iBabe」
リチャード・ギア(Richard Gere)、ケイト・ボスワース(Kate Bosworth)共演
女性型音楽プレーヤーをめぐる会議で、ジャック・マクブライヤー(Jack McBrayer)が印象的

「初潮騒動(Middleschool Date)」
その名の通り
クロエ・グレース・モレッツ(Chloe Grace Moretz)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(Christopher Mintz-Plasse)の「キック・アス(Kick-Ass)」コンビが共演

「アダルトなこびとたち ~妖精捕獲作戦(Happy Birthday)」
ジェラルド・バトラー(Gerard Butler)がレプラコーン役で登場
エンドロールまでジェリーだと気づかなかった

「フィーリング・カップル/下衆でドン!(Truth or Dare)」
おなじみのゲームで話が展開やりすぎだけどね
ハル・ベリー(Halle Berry)が出演面白い顔を披露
「Jersey Shore ~マカロニ野郎のニュージャージー・ライフ~」のスヌーキーが出てるよ

「ブラック・バスケットボール(Victory's Glory)」
テレンス・ハワード(Terrence Howard)出演
ここまで来るとまだ終わらないのかと思ってくる

ここで終わったーと思ったら、まさかのまだもう一編あった

「Ned ネッド(Beezel)」
日本語タイトルはなぜこれと思う明らかにパクリ
ジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)とエリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)共演
ジョシュ・デュアメルの溺愛度がなかなか

他にもセス・マクファーレン(Seth MacFarlane)、グレッグ・キニア(Greg Kinnear)、コモン(Common)等が出演
もう1編トニー・シャルーブ(Tony Shalhoub)出演の「娘をみつけて(Find Our Daughter)」っていうのあるらしいけど、zashはレンタルだから観れなかった

意外と面白いものを期待してたけど、ぜんぜん面白くなかった
zashは、アメリカンコメディ大好きだけど、微妙だった
名だたる有名俳優を起用して、最強の駄作を作ろうと製作したんだろうね
確かにその努力は伝わってくる
まぁ一見の価値ありと言ってもいいかもね








スポンサードリンク

コメント

非公開コメント