【Film Review】「マグニフィセント・セブン」/ハリウッド黄金期の西部劇を彷彿とさせる

The Magnificent Seven

「マグニフィセント・セブン」 (原題:「The Magnificent Seven」) (2016年・米)

監督:アントワーン・フークア

出演:デンゼル・ワシントン/クリス・プラット/イーサン・ホーク/ヴィンセント・ドノフリオ/イ・ビョンホン 他



現代に蘇った黄金期の西部劇

1960年の「荒野の七人」を鬼才アントワーン・フークアがリメイク。

カンザス州およびインディアナ準州の委任執行官を務めるサム・チザムは、指名手配犯を追って訪れた小さな町で、とある依頼を受ける。それは、町を牛耳る悪党パーソロミュー・ボーグをどうにかしてほしいというものだった。依頼を請け負うことにしたチザムは、仲間を集め、圧倒的に不利な戦いに身を投じていく・・・。

本作は、元々黒澤明監督による1954年の日本映画「七人の侍」を基に1960年に「荒野の七人」としてハリウッドがリメイクした作品を再びリメイクした作品である。
今回、「マグニフィセント・セブン」として新たに再生させたのは、「トレーニング デイ」や「サウスポー」など骨太系作品を得意とするアントワーン・フークアだ。
彼の描き出す映像には、西部劇のような男臭い雰囲気が毎度漂っており、まさにうってつけの起用といえる。
物語自体はあえて取り上げるような特出した部分はなく、王道の英雄譚のために予想できる展開ではあるが、それでもオリジナルに敬意を払いつつ、新鮮味を随所に感じさせるという具合。

The Magnificent Seven

それは主人公をアフリカ系アメリカ人にしたことやメンバーにアジア人を加えるなどの多様性が大いに影響していると言えるだろう。
そういう意味でも、当時の物とは一線を画す、とても現代的な作品と言えるのだ。

The Magnificent Seven

そして、面白いのが''仲間集め''と''敵との戦い''という2パートにきっちりと分かれているところで、133分という上映時間の中で、2部作構成の映画を観たようにさせるのだ。
このような印象を与える映画は、さほどない。
アクションにも迫力があり、オリジナルが公開された1960年当時にタイムスリップしたかのごとく、西部劇黄金期のまさにアメリカ映画と言えるような作品であった。

最大の見どころはキャストにあり!!

とにかく本作の最大の見どころは、そのキャストにある。
主演は、デンゼル・ワシントン

Denzel Washington

監督を務めたアントワーン・フークアとは、「トレーニング デイ」「イコライザー」と続く3度目のタッグ。
前者ではデンゼルにオスカーをもたらしたことでも知られ、まさに黄金タッグ。
さすがにデンゼルを格好良く魅せる方法を知っており、終始魅力的に映しだされている。
特にそのカリスマ性に満ちた存在感と終盤に魅せるパフォーマンスは圧巻だった。

この魅力的なキャストの中で、特に活躍して魅せるのが、クリス・プラットだ。

Chris Pratt

彼の出世作である「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」も宇宙を舞台にした西部劇のようなものだったので、おあつらえ向きといったところ。
彼のまさにアメリカ人らしい容姿とキャリア初期より培ってきたコメディセンスがバランス良く発揮されており、デンゼルを凌駕する魅力を振りまいていた。

イーサン・ホークイ・ビョンホンなど、個性豊かで渋い面々が顔を揃える勇敢な7人の中で一際異彩を放っていたのは、恐らくヴィンセント・ドノフリオだろう。

Vincent D'Onofrio

"人間の服を着た熊"と称されほどの凶暴な大男なのだが、その内に秘めた心優しさに思わずやられてしまった。
本作において最も気高いキャラクターと言えるかもしれない。
そのキャラクターを独特且つ繊細に演じきったドノフリオには頭が下がるほどである。
思わず、彼と共演している役者たちが羨ましく感じてしまったほど。

そして現在、映画ファンの間で話題沸騰中の紅一点ヘイリー・ベネットも見所のある女優だ。

Haley Bennett

アントワーン・フークアのお気に入りの女優である彼女は、力強さを終始感じさせる。
それは演技でも存在感でも言えることだが、特に彼女の眼差しから発せられる強烈な炎がスクリーンを通して伝わってくる。
そこには決意と覚悟が滲み出ているのだ。

名脇役ピーター・サースガードが演じるボーグや「トワイライト」シリーズでおなじみキャム・ギガンデッドなど、敵方のキャストもなかなか的を射ており、キャストのオーラがスクリーン全体に醸し出されている作品であった。

最後に本作は、リメイクではあるものの、全く新しい作品の為、オリジナルを未見でも十分楽しめる。
ただ、オリジナルを観ていればこそわかるオマージュなども随所に見られる為、予習をしておくともっと楽しめることは間違いないと言える。

評価:★★★★★★★☆☆☆



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント