第3回家で観ー賞授賞式

Ladies & Gentlemen

今年もやってきました、これより、第3回家で観ー賞授賞式を始めまーす

家で観ー賞とは・・・読み方はいえでみー賞
2016年、家で観た、初見の作品の中からzashが選考
それを各部門、アカデミー賞のように発表していくアワード

それでは、早速始めましょう

まずは、【映画の部】から



栄えある2016年度栄えある家で観ー作品賞は・・・

MV5BMGMzZmYzYmUtNTJiYi00MjZjLTkyZmMtZGJhYWRlMDBkMDIyXkEyXkFqcGdeQXVyNjA5MDIyMzU@_V1_SY1000_CR0,0,675,1000_AL_

「わたしに会うまでの1600キロ」

まさに人生を映し出したかのような作品で、かなり影響を受けた作品
一人旅映画の傑作で、主人公がPacific Crest Trailという過酷で困難な道のりをいかにして踏破したかが描かれています
主演のリース・ウィザースプーンの演技も素晴らしく、全体を通して、作品賞に相応しい映画でした

レビューはこちら↓

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-597.html

家で観ー主演男優賞は・・・

MV5BMTY4NDc5MzE5NV5BMl5BanBnXkFtZTgwODA2OTI0MTE@_V1_SY1000_CR0,0,665,1000_AL_

ブレントン・スウェイツ 「シグナル」「ギヴァー 記憶を注ぐ者」

今年、私の中で最もブレイクした俳優
SFミステリー「シグナル」とヤング・アダルト小説の映画化「ギヴァー 記憶を注ぐ者」の2作品で、それぞれ力強い演技を披露
表情も豊かで、雰囲気がとても良い
彼は「マレフィセント」のフィリップ王子としてもお馴染みですし、今年は主演作「キング・オブ・エジプト」も公開になりました
来年は「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」にもキャスティングされているので、まさにこれから大ブレイクを果たすであろう俳優の筆頭と言えます

家で観ー主演女優賞は・・・

fc2blog_20171219143548307.jpg

メリッサ・マッカーシー 「SPY」

これまでコメディ作品に数多く出演してきたメリッサですが、今年はスパイ・コメディ「SPY」で魅せた演技が印象的でした
私は「ギルモア・ガールズ」や「サマンサ WHO?」などの海外ドラマに出演していた頃からメリッサが大好きなんですが、最近の活躍は本当に目覚ましいですよね
特にこの「SPY」は、彼女の魅力によって支えられている部分が大きく、メリッサのコメディセンスと見事な調和を果たしている映画でした
また、劇場では「ゴーストバスターズ」にも出演し、楽しませてくれました

家で観ー助演男優賞は・・・

rs_1024x759-150728120055-10244The-Night-Before-Moviejl072815.jpg

セス・ローゲン 「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」

まさかのセス・ローゲン
というのも、「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」で魅せた演技が、面白すぎたんです
とにかく表情が面白すぎて、抱腹絶倒
これまであまりセス・ローゲンには傾倒していなかったんですが、一気に好きになってしまったものです

家で観ー助演女優賞は・・・

MV5BMTYwMzUxNjI5N15BMl5BanBnXkFtZTgwNjE3NjkzNjE@_V1_SY1000_CR0,0,1502,1000_AL_

アリシア・ヴィキャンデル 「コードネーム U.N.C.L.E.」

今年、私の中で最もブレイクした女優
とにかく可愛くて、セクシー
「コードネーム U.N.C.L.E.」ではコメディ演技も披露し、幅の広さを披露
「リリーのすべて」でアカデミー助演女優賞も獲得し、これで家で観ーと合わせて、今年は2冠
類稀なる才能と美貌を兼ね備えた、大注目の女優です

今年から惜しくも作品賞受賞はならずとも、なかなかの健闘を魅せ、印象に残った作品に特別賞を授与
初の家で観ー特別賞を受賞したのは・・・

MV5BMmU0MjBlYzYtZWY0MC00MjliLWI3ZmUtMzhlZDVjMWVmYWY4XkEyXkFqcGdeQXVyMTQxNzMzNDI@_V1_SY1000_CR0,0,674,1000_AL_

「イット・フォローズ」

映像や音楽、怖がらせ方に至るまで、全てがスタイリッシュなまさに次世代のホラー
怖がらせ方に関しては、正面から一気に驚かせるわけではなく、陰から徐々に襲いくる恐怖という感じで、衝撃的な怖さがありました
社会派な一面も兼ね備えていて、久しぶりに現れた印象的なホラー映画でした
ということで、特別賞を授与

以上が家で観ー賞の発表でした
今年は、コメディ映画の活躍が印象的な1年でした
来年はどのような作品が受賞するのか、今から新たな映画との出会いが、楽しみですね

続いて、今年から新設の【海外ドラマの部】に移りたいと思います

栄えある2016年度 家で観ー作品賞は・・・

MV5BMTk1NjE5MjUwM15BMl5BanBnXkFtZTgwODk3NTk2OTE@_V1_SX690_CR0,0,690,999_AL_

スティーヴン・キング原作、J・J・エイブラムス製作総指揮のミステリー・ドラマ「11/22/63」

現代の高校教師が過去にタイムスリップし、ケネディ暗殺を阻止しようとする、ミステリー・ドラマ
久々にドハマりした海外ドラマでした
全10話、間隔を空けずに一気見してしまい、その後、「11/22/63」ロスに陥ってしまったほど・・・笑
ジェームズ・フランコを初めとしたキャストも素晴らしかったし、最高
ハラハラドキドキのフィクションとノンフィクションが上手く織り交ぜてある、近年の海外ドラマの中でも傑作と言える出来栄えでした

レビューはこちら↓

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-693.html

家で観ー主演男優賞は・・・

Oliver_Queen_aiming_an_arrow_on_a_target_background.png

スティーヴン・アメル 「ARROW/アロー」

今年はDCユニバースの海外ドラマが印象に残った1年で、その中でも、特に「ARROW/アロー」
ということで、主演のスティーヴン・アメル
最新シーズンである、シーズン4では''街の光''となるために頑張っていたのが印象的で、これまでとは違った表情も多く魅せてくれました
最近の海外ドラマ主演俳優の中でも、一際カリスマ性のある俳優ですよねー
相変わらずのイケメンですし、これからもグリーン・アローとして頑張ってほしいです

家で観ー主演女優賞は・・・

Supergirl-JS-tvgm.jpg

メリッサ・ブノワ 「SUPERGIRL/スーパーガール」

DCユニバース「SUPERGIRL/スーパーガール」からメリッサ・ブノワ
とにかくメリッサの持つ可愛らしさと底抜けな明るさが際立っていた印象で、常に明るい気分にさせてくれるドラマでした
ということで、メリッサの魅力に家で観ーの栄冠を
残念ながらブレイク・ジェンナーとの「glee/グリー」夫婦は幕を引いてしまいましたが、これからもスーパーガールとして世界中に元気を届けてほしい

家で観ー助演男優賞は・・・

wentworth-miller-captain-cold.jpg

ウェントワース・ミラー 「レジェンド・オブ・トゥモロー」「THE FLASH/フラッシュ」

またもやDCユニバース海外ドラマから
他作品の脇役たちが主要人物として描かれるスピンオフ作品で、特に注目なのが、「THE FLASH/フラッシュ」に登場した、「プリズン・ブレイク」コンビ
中でもキャプテン・コールド/レナード・スナート役のウェントワース・ミラーの独特の演技は圧巻

「プリズン・ブレイク」の時とは一線を画す存在感で、観ていて、とても小気味良かった♪
マイケル・スコフィールドとしてではなく、俳優ウェントワース・ミラーの実力を垣間見ることができ、もっと好きになってしまいました

家で観ー助演女優賞は・・・

GOT_601_arya_HBO00.jpeg

メイジー・ウィリアムズ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」

日米完全同時放送という偉業も成し遂げた「ゲーム・オブ・スローンズ」から、逞しく成長するアリアを演じる、メイジー・ウィリアムズ
「第六章」では、これまで脇役だった立場が主要キャラとして描かれる立場に・・・アリアというキャラクターの変化を見事に表現して魅せました
今シーズンは、エミー賞助演女優賞にノミネートを果たし、惜しくも受賞は逃したものの、大注目でした
なので、エミー賞の代わりに家で観ー賞を授与
来日時には可愛らしい素顔も魅せてくれましたね

以上が家で観ー賞【海外ドラマの部】の発表でした
今年はアメコミ原作の海外ドラマが大活躍の1年で、海ドラファンの中で話題の中心でしたね
2017年はどんな海外ドラマと出会えるのかな
今から楽しみですね

また来年の家で観ー賞授賞式でお会いしましょう

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント