[映画批評]アントニオ・バンデラス主演。意志を持つようになったロボットが望むものとは・・・?「オートマタ」

Automata

今回は、「オートマタ(Automata)」の批評

時は2044年。
太陽風の影響により、砂漠化が進んだ地球。
人類の99.7%は消滅し、生き残ったのは、わずか2700人。
人類は存続の為、人型ロボット・ピルグリム7000型を開発したのだが・・・

まず覚えておいてもらいたいのは、本作に登場するロボットには制御機能が設けられており、ここが重要な役割を果たす

【制御機能1】生命体に危害を加えてはいけない
【制御機能2】ロボット自身で修理・改造をしてはいけない

このようなルールや人工知能を有すロボットが自我に目覚め、意思を持つようになるというと、「アイ,ロボット」が浮かぶが、決定的に違うところが一つあり、「アイ,ロボット」ではロボットを悪役として人間たちに反旗をひるがえす姿が描かれたが、本作は、人間のエゴを悪役とし、人間の持ち物や世話係としてでなく、単純に"生きよう"とするロボットたちの意思を情緒的に描き出している

Automata

この辺りに製作者たちが「ブレードランナー」の原作である「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」やロボット工学三原則を提起したアイザック・アシモフから影響を受けていることが伺える次第
また、荒廃し放射能汚染された地球環境も明確にしており、SFアクションというよりも、ヒューマン・ドラマ的要素が強いのが印象的
しかし、近未来、砂漠化した地球を舞台に繰り広げられる物語なのだが、掴み所がなく、何も伝わってこないのが残念極まりない

Automata

全体的に詩的でゆっくりと流れていくストーリーだが、どうにもこの映画が伝えたいメッセージというのが掴めず、退屈な時間だし、気持ち悪さが残るのは否めない

主演のアントニオ・バンデラス(Antonio Banderas)は、緩急をつけた人間らしい表情を魅せる

Antonio Banderas

最初はロボットを研究する立場の人間で重要人物のような描かれ方なのだが、核心に迫っていくと共に、どこか自分がこの世界では必要のない人間であるかのごとく、打ちひしがれていく姿を体現しているように映る
新たな生息地と自由を求めている部分は、ロボットと重なり、相対しながらも、同じ方向を向いているように思う
ディラン・マクダーモット(Dylan McDermott)やメラニー・グリフィス(Melanie Griffith)、ロバート・フォスター(Robert Forster)などの重厚な演技も本作を支えていた

題材は面白いが、ストーリーラインがしっかりしていない印象が強い
ここまで詩的且つオペラのような雰囲気を醸し出した素晴らしい世界観なのに、意味を成していないのが、なんとも残念だ

オートマタ [DVD]



オートマタ [Blu-ray]



スポンサードリンク

コメント

非公開コメント