[最新映画批評]イントゥ・ザ・ストーム

Into The Storm

今日は、気になってた「イントゥ・ザ・ストーム(Into the Storm)」を観に行ってきた

観測史上最大級の竜巻に襲われる街の住民と竜巻ハンターたちが、必死に逃げる姿を主観映像で描き出したパニック・アクション

すごい映画だったけど、期待を下回る印象だった
ほとんど「ツイスター」みたいな感じだし、序盤が結構退屈
でもスリリングで迫ってくる主観映像で、確かに手に汗握る映画
感動の家族ドラマを中心に命がけのハンターたちや再生回数を増やしたいYouTuberも描かれてて、竜巻に対しての恐怖を感じるし、個性的なキャラへの感情移入もできる
そのぐらい真に迫ってくるし、リアルな映画
YouTuberが出てくるなんて、現代っぽいね

主演は、リチャード・アーミティッジ(Richard Armitage)
「ホビット(The Hobbit)」の時は、なかなかだったけど、本作での演技は微妙
高校の教頭なのに、軍人のような語り口だし、思いっきり演技です。っていうのが見え見え
主観映像のリアルさで、実際の映像のような表現なのに、一人だけ次元が違うような感じ
共演のサラ・ウェイン・キャリーズ(Sarah Wayne Callies)は、リアルさの伝わる演技
「プリズン・ブレイク(Prison Break)」や「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」の時とは、違う印象を受けた
この3作では、逃げ惑う姿が類似してるけど、登場人物になりきってて同じ人じゃないみたい
本作でサラを見直した
「iCarly」のネイサン・クレス(Nathan Kress)も出演していて、どっかで観たことある顔だなーとずーっと考えてしまった
調べてみたら「スイート・ライフ(The Suite Life of Zack and Cody)」に1話だけ出てた
車いすの子だよね

あまり知らない俳優ばかりだから、リアルに感じ取れたけど、それをリチャード・アーミティッジがかき消してしまってる
でも内容は素晴らしいし、体感型映画としては、結構感情移入できてなかなか良かった
竜巻もすごいし、全体的にすごい映画の一言







スポンサードリンク

コメント

非公開コメント