[新作映画批評]豪華キャストが、あなたの頭を混乱させる。「ヘイル、シーザー!」

Hail,Caesar

今回は、ジョエル&イーサン・コーエン(Joel & Ethan Coen)監督作品「ヘイル、シーザー!(Hail,Caesar)」の批評

1950年代のハリウッドを舞台に、超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影が進行中。
そんな中、主演俳優にして大スターであるベアードが何者かに誘拐されたことから、大手スタジオの揉み消し屋エディ・マニックスが、騒動を収めようとするが、様々な問題が重なって・・・

ぅ~ん・・・
何から始めたら良いのかわからない、そして、結局話の内容は何だったのかもわからない・・・
とにかくそんな映画だ・・・
内容を読み解こう読み解こうとしていく度に底なし沼にハマっていくような作品で、コーエン兄弟らしい、少し難解で深い大人のコメディに仕上がっている
1950年代当時のアメリカやハリウッドの舞台裏などが色濃く描かれており、少し興味深いのだが、どうしても物語について行けないし、世界観に入り込めない

Hail,Caesar

登場人物全員が秘密を抱えており、人間誰しもが秘密を抱えているというところを明確にしたかったのか
はたまた、人間の罪深さを訴えているのか
深く深く掘り下げていけば、理解できるのかもしれないが、1回だけでは不十分で、頭をフル回転しなければならないのかもしれない
しかし、そこまで面白く興味深い映画ではないので、何回も観ることは私にはできない・・・
普段、映画はあまり一時停止をしたくないのだが、久しぶりに2回ほど止めてしまった
それほどまでに疲れる映画であり、意味を読み解こうとすればするほど、観るのが面倒になる映画であった

キャストは解説でも書いた通り、かなりの豪華キャスト
主人公のエディ・マニックス役には、実力派俳優のジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)

Josh Brolin

50年代ハリウッド黄金期の映画スタジオの重役らしいオーラを身に纏っており、ノワール的雰囲気を助長させている
彼の存在感自体は悪くなく、一切笑わない徹底した表情を魅せていた

誘拐される大スター ベアード・ウィットロック役には、ハリウッドを代表するスター ジョージ・クルーニー(George Clooney)

George Clooney

コーエン兄弟とタッグを組むと三枚目的魅力を大いに発揮する俳優で、本作でも、例外ではなかった
普段演技をしている時には普通なのだが、いつもと同じく劇中で演技をしても、どこか滑稽さを醸し出しているのは、さすがの演技力
表情豊かで絶妙なバランスであった

本作で最も評価したい俳優は、カウボーイ俳優のボビー・ドイルを演じたアルデン・エーレンライク(Alden Ehrenreich)

Alden Ehrenreich

彼の魅力が詰まった作品に仕上がっており、カッコ良さと滑稽さが同居する見事なパフォーマンスを魅せている
往年の俳優のような表情もさることながら、どこか若き日のハリソン・フォードを彷彿とさせるような存在感が、大スターとして飛躍の予感
まさに若き日のハン・ソロを演じるには、ピッタリの人材で、その力量は計り知れない

そして、最も印象に残ったと言えば、間違いなく、チャニング・テイタム(Channing Tatum)

Channing Tatum

今まで聞くことのなかった見事な歌声を披露し、長年の経験で培ってきた軽やかなステップまで披露してくれて、至れり尽くせり
本作で面白かったと言えるのは、彼の登場シーンのみと言っても過言ではないほどに魅力に溢れていた
だが、結局、彼はどのような役柄だったのだろうか

ティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)、ジョナ・ヒル(Jonah Hill)、スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)、レイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)など、コーエン色に染まった独特な演技を魅せてくれているのだが、各々アピールポイントが少なく、印象薄なのは否めなかった

正直な感想を言えば、全くもって面白くなく、頭が混乱してくる映画
キャストが豪華なのを良いことに、物語が若干手抜きなように感じてしまう
私の中で、コーエン兄弟のコメディ作品とは、どうにも相性が悪いようだ・・・

ヘイル,シーザー! ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



スポンサードリンク

コメント

非公開コメント