[最新映画批評]このトリック、見破れるか?!「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

Now You See Me 2

今回は、「グランド・イリュージョン 見破られたトリック(Now You See Me 2)」の批評

2013年の「グランド・イリュージョン」の続編
悪徳企業から金を奪う、正義のイリュージョン集団''フォー・ホースメン''。
前作で姿を消してから1年が経過したが、ついに彼らが再始動。
大手IT企業の携帯電話事業を暴こうとショーを乗っ取った彼らだが、逆に自分たちがハメられてしまう・・・。
辛くも逃げきった彼らが辿りついたのは、何と中国
彼らはなぜアメリカから突如、中国の地に来てしまったのか
その裏には驚愕の陰謀が隠されていた・・・

1作目の「グランド・イリュージョン」という作品は、冒頭から脅威のマジックショーを魅せつけ、一気に観客を作品の世界に引き込んだ、画期的な映画だった
終始ワクワクさせ、一本の映画で一つのイリュージョンを描き切り、予想を大きく裏切り、華麗に観客を騙していった
そんな大胆なマジック映画の続編という事で、期待値も高く設定して、観に行ったのだが、ある意味裏切られたと言えるほどに、残念極まりない映画であった
この映画の最大の魅力と言うのは、そのマジックショー

Now You See Me 2

そこを活かして、観客を騙し、颯爽と去っていかなければならないのに、中だるみする展開の数々とあまりにも多すぎるアクション要素のせいで、マジックやイリュージョンをしっかりと描き切れていない
中盤には「オーシャンズ」シリーズかと思わせるほどの大潜入劇が繰り広げられるのだが、観客が求めているのはそこではないのだ
イリュージョンを駆使して、悪事を暴くから面白いのに、これではただのアクション映画
せっかく1作目で築き上げた斬新さが、これでは台無しである
見どころといえばラストのみで、ようやくマジックショーを魅せる時が来たのだが、時すでに遅し・・・。もう、この時点で飽き飽きしてしまい、正直、早く劇場を出たくてしょうがなかった
これは恐らく監督が変わってしまったところが要因
やはり革新的なアイデアを打ち出し、成功した作品の続編で監督が変わってしまうと、最初から携わっているからこそ分かる魅力と言うのがわからず、こういう残念な出来栄えになってしまうのだろう
ただ、冒頭の実際の映像のように思わせる映像は見事だった

キャストはほとんどが、前作から続投で、アトラス役は、ジェシー・アイゼンバーグ(Jesse Eisenberg)

Jesse Eisenberg

彼のマジックの見せ方は、本物のマジシャンかと思わせるほどに素晴らしく、手つきが上手い
流石は道化師の母を持つだけのことはある
ラストの予告編でおなじみ『Stop!!』は圧巻

そして、今回の悪役は、ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)

Daniel Radcliffe

もうちょっと仕出かしてくれるのかと期待していたが、案外あまりパッとせずで、ガッカリ
演技自体はなかなかなのだが、物足りないというのが妥当か
彼自身がマジックを披露しないというところに問題があるのかもしれない

ただ一人、キャストの入れ替わりがあったのが、紅一点のリジー・キャプラン(Lizzy Caplan)

Lizzy Caplan

前作での女性キャストはアイラ・フィッシャーだったが、妊娠の為降板。代わって彼女がキャスト入り
交代があったのにもかかわらず違和感のない演技を魅せてくれていた
アイラの降板については妊娠の為と言われているが、前作の撮影中溺れかけたという事があったので、それが原因の一つと言えるかもしれない

もう少し、デイヴ・フランコ(Dave Franco)に活躍させてほしいというところもあるが、キャストは上々で、ウディ・ハレルソン(Woody Harrelson)の一人二役も見逃せない

Woody Harrelson

続編としての出来は微妙なものだったが、それでもイリュージョンという点においては、ワクワクさせられた
更なる続編も予期させるラストなのだが、1作目のような映画として作ってくれるのであれば、期待してみたいと思う

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント