[映画批評]ゴースト・エージェント R.I.P.D.

ゴースト・エージェント R.I.P.D. [DVD]



今回は、「ゴースト・エージェント R.I.P.D.(R.I.P.D.)」の批評

警官ニックは、犯人を追いつめた先で殉職してしまうが、あの世へ行く前に人間に紛れこの世に残ったゴーストたちを逮捕するR.I.P.D.として働くことになるのだが・・・

まさにゴースト版「メン・イン・ブラック」
あらゆるものが「メン・イン・ブラック」のパロディっぽくて面白い
随所にコメディ要素が散りばめられてるし、インド料理の存在感も面白い
この世の人が見る見た目が違うのも面白い
その面白さは観ればわかる
グラフィック・ノベル原作だから設定、構成などもなかなか
巷では低めの評価だけど、結構面白かった

主演は、ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)
最もセクシーな男に選ばれた経験のあるイケメン俳優だけど、zash的にはそんなにカッコいいって感じなんだけど、なんとも言えない滑稽さがあって面白い俳優だと思う
本作でも物静かだけど、どこか面白さも醸し出してて、なかなかの好演
イケメンさを逆にネタにされてる感も面白い
相棒はオスカー俳優ジェフ・ブリッジス(Jeff Bridges)
カウボーイ役がよく似合うけど、本作での演技はちょっとわざとらしさが際立ってしまってる印象を受けた
座り方とか面白みはあるけど、低評価の一因になってしまったのかなと思う
「プリズン・ブレイク(Prison Break)」のロバート・ネッパー(Robert Knepper)がゴースト役で出演
好きな俳優の一人で、出てるとは知らずに観たから、出てきた時はうれしかった
「プリズン・ブレイク」とは違う演技で、ちょっとコメディチックな役柄も結構できる俳優だなという印象
やっぱりうまい
「Glee」のマイク・オマリー(Mike O'Malley)がまたまた出演
最近よく観るなーと思ったここ数年ちょっとした役柄で印象を残す俳優になってきてるなと思った
悪役のケヴィン・ベーコン(Kevin Bacon)は、最近悪役が多いね
何か企んでるみたいな役柄が案外似合うけど、時間が経ったら他の映画とかぶりそう

上映時間も短めで、テンポよく進んでいくのでちょうどいい感じ
笑いあり、アクションありでぼーっと楽しむ娯楽映画としては及第点
ちょっとでも気になったら手に取ってみては







スポンサードリンク

コメント

非公開コメント