[海外ドラマ批評]冬来たり・・・。「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」

これから「ゲーム・オブ・スローンズ」を観ようと思ってる方、まだ観たことのない方は・・・

前章までの批評はこちら

「第一章:七王国戦記」

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-443.html

「第二章:王国の激突」

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-469.html

「第三章:戦乱の嵐 -前編-」

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-564.html

「第四章:戦乱の嵐 -後編-」

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-581.html

「第五章:竜との舞踏」

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-584.html

ここからは、「第五章:竜との舞踏」のネタバレを多少含みます





Got S6

今回は、「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風(Game of Thrones)」の批評

前章のラストで瀕死の重傷を負い、倒れたジョン・スノウ。''冥夜の守人''たちの間では反乱がおき、黒の城は一触即発の状態に一方、辛くもラムジーの手から逃れたサンサとシオンは、執拗な追跡を受け、発見されてしまう。ドスラク人に拉致されたデナーリスには、果たしてどんな展開が待っているのか・・・そして、''誰でもない人''になろうとするアリアの運命は・・・

このドラマをネタバレなしに解説しようとすると全く持って短い文章になりそうな気もするが、とりあえずできるだけネタバレなしで行きたいと思う
まず、第一章~第五章までは、壮絶な覇権争いをテーマに各々が策略を練り、ひたすらに行動してきたが、今シーズンに入ると、皆が皆同じ場所に集まってきた印象が強く、あの人とあの人やこことここが手を組んだりの連続で最初から観てきているファンにしてみれば、鳥肌もの
そして、前章のラストでファンを驚かせたジョン・スノウの死・・・
これに関しては主要キャストの死で世界中が呆気にとられたが、果たしてどのような展開を見せるんでしょうね
書きたいのはやまやまなのだが、これは完全にネタバレになるし、楽しみにしている方の為にも自粛
今シーズンについて特出すべきなのは、やはり原作の先を行くという点において、どうだったか
今まではジョージ・R・R・マーティンの「氷と炎の歌」という原作をベースにした脚本構成だったので、原作の素晴らしさが好評の要因でもあっただからこそ今回は、脚本家の腕が試される、そんなシーズン
正直、素晴らしいシーズンだったことに間違いないどちらかというと第4章ぐらいまで、このドラマにさほど傾倒していなかったのだが、シリーズ最高傑作と言っても良いほどに楽しめた
次から次へと連鎖反応のように起こる出来事の数々、登場人物たちの置かれる壮絶な状況と、今までのシーズンを凌駕する展開の連続
映像のスケールもパワーアップし、より一層すごいドラマに仕上がったのではないか

キャストに関しては、良いパフォーマンスを発揮した俳優というと全員が全員なので、その中でも特に印象深い仕事をした3人を取り上げたい。
まずは、ジョン・スノウ役キット・ハリントン(Kit Harington)

Kit Harington

今シーズンの俳優の中で最も強烈だったのが、彼
終始、メインとして扱われることが多く、彼の行く末が気になってしょうがない
「ゲーム・オブ・スローンズ」というとピーター・ディンクレイジに注目が集まりがちだが、今シーズンはティリオンの活躍というのがあまり印象がなく、エミー賞でも今シーズンの壮絶な立場を考えたら、キットが優勢と言えるだろう

そして、今シーズンは女優陣の活躍が目を惹いた
特にアリア役のメイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)

Maisie Williams

今まで比較的脇での活躍が多かった彼女だが、今回は彼女もメイン
アリアの持つ闇を見事に体現しているし、全10話に渡っての変化が色濃く映し出されてるのが、アリアだった
その変化のすべてを見事に演じきった印象が強く、私的には今シーズン最も評価したいキャスト
本作がデビュー作とは思えないほどに圧倒的な演技を披露しており、メイジーの女優としての成長を垣間見ることができる

そして、忘れてはならないのが、デナーリス役のエミリア・クラーク(Emilia Clarke)

Emilia Clarke

デナーリスに関しては相変わらず重要人物として描かれており、またもや最初の頃のような扱いを受ける
しかし、どこか貫録を漂わせており、デナーリスが辿って来た道のりを体現するかのごとく、圧倒的な存在感
前章でついにドラゴンに乗る彼女の姿を観ることができたが、今シーズンもそのようなシーンが多く観れる
デナーリスとティリオンの絡みが、ファンにとっては鳥肌ものであり、最高の展開を見せる
この他にもサーセイ役のレナ・ヘディ(Lena Headey)やサンサ役のソフィ・ターナー(Sophie Turner)など、女性陣が大活躍だった

まさに激動のシーズン
最初と最後では皆立場が違い、ラスト3話は圧巻
ネタバレを含みたくないので、解説的要素が強くなってしまったが、何もかもが重要なので、目を離さずにご覧いただきたい

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 DVD コンプリート・ボックス (5枚組)



ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント