[映画批評]ザ・スピリット

ザ・スピリット 特別版 [DVD]



今回は、「ザ・スピリット(The Spirit)」の批評

セントラル・シティを守る''スピリット''は、ある夜、宿敵オクトパスを追っていた。しかし、この事件には昔の恋人であるサンド・サレフが関わっていると知り、彼は調査を開始するのだった・・・

「シン・シティ」のフランク・ミラーのダークな作風が際立つ作品で、個性的で独特な世界観が全編を通して広がってる
評価はあまりよろしくないけど、ノワール調の古典的ヒーロー作品で結構好き
終始意味不明なんだけど、逆にそこに惹かれるのかも
全体的に色使いももの凄く綺麗で惚れ惚れとして、「シン・シティ」の単調な色使いとは違う感じ

主演のガブリエル・マクト(Gabriel Macht)は、角ばった顎といい、体格といい、こういうマスクを付けたヒーローがハマるね
「SUITS」のハーヴィーと重なるような演技を魅せてて、クールさと滑稽さが同居した演技は小気味良かった
悪役オクトパスに扮するサミュエル・L・ジャクソン(Samuel L.Jackson)は、これぞ、まさに彼の真骨頂というべき七変化を魅せてて、どんな色にも染まらない彼の演技の真髄を観てるようだった
エヴァ・メンデス(Eva Mendes)、スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)などの女優陣の演技も上々で、特にスカジョは最近のクールビューティーなイメージとは違う印象を受け、逆にこういう方が好きかもしれない
あとね、「フォーリング スカイズ」のルーデスを演じてるセイチェル・ガブリエル(Seychelle Gabriel)とかエリック・バルフォー(Eric Balfour)とか、結構好きな顔ぶれが揃ってるのも高評価の要因

最近のヒーロー作品にはない、懐かしさすら感じるヒロイズムが描かれてて、なかなか好き
まったく素顔を見せないのも、ヒーローらしくて良いんじゃない







スポンサードリンク

コメント

非公開コメント