[海外ドラマ批評]イレブンス・アワー FBI科学捜査ファイル

Eleventh Hour [DVD] [Import]



今回は、「イレブンス・アワー FBI科学捜査ファイル(Eleventh Hour)」の批評

この世には人知を超えた事件が多く存在する。それを単純な悪意から起こるものなのか・・・

思ってた以上に「X-ファイル」っぽかった
あっちは宇宙や超常現象をテーマにしてるけど、こっちは科学的に人間がなしえる可能性を秘めた事件を中心に展開されてる
神の御業に到達しようとする人類の永遠の野望が描かれてて、単純な悪意じゃなくて、世の為と思っての行動が暴走する感じ
だから説得力のある話とそうでないものがあったけどね
でもね、このドラマ・・・「CSI」などの生みの親ジェリー・ブラッカイマーが製作総指揮に名を連ねてるから、「CSI:マイアミ」みたいな独特な映像表現も目を惹くし、人間の避けては通れない道というか人間性が色濃く描かれてるんだよね
1シーズンで打ち切りになったのが不思議に思うくらいに手の込んだ内容だった

登場人物も「X-ファイル」のように変わり者とFBI捜査官っていう組み合わせで、主演はルーファス・シーウェル(Rufus Sewell)とマーリー・シェルトン(Marley Shelton)
この凸凹ぶりがまた痛快で、シリアスな時はシリアスに、クスッとしまう時はクスッとさせて、バランスがすごく良かった
ルーファスの頼りがいがある感じも好きだし、マーリーの百戦錬磨っぷりとたまに魅せる人間らしさと笑顔にズキュンと心を射抜かれる
キャストはなかなか良かったってこと
また、多彩なゲストスターも見逃せない

気になったゲストスターはこちら

https://kaigai-drama-board.com/posts/1380

最後の方はマンネリ化が目立ったけど、なかなか面白かった
テーマが面白くて、解決の糸口を見つけ出す作業が面白いのよー
打ち切りドラマだと思って敬遠しないで、ぜひ観てみて







スポンサードリンク

コメント

非公開コメント