[Hot Star of the Month]ベン・アフレック

毎月HOTなスターを紹介する[Hot Star of the Month]

今月のHOTなスターは・・・

Ben Affleck

3/25公開の「バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生(Batman v Superman:Dawn of Justice)」でバットマンを演じる、ベン・アフレック

ベン・アフレック(Ben Affleck)は、1972年8月15日カリフォルニア出身の俳優、監督、脚本家、プロデューサー

子役としてキャリアをスタートさせ、青春映画に出演しながら、キャリアを積み、1997年の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(Good Will Hunting)」で、親友マット・デイモンと共に脚本を執筆し、見事アカデミー賞を受賞

Ben Matt

この作品で一気に知名度と俳優としてだけでなく、製作側としても評価を上げたよね
脚本家としては最高の地位を手に入れたけど、俳優としてはこの頃はまだまだって感じ

でも、翌年1999年公開、マイケル・ベイ監督作品「アルマゲドン(Armageddon)」に主演し、興行的に大成功をおさめる

Armageddon

この作品で一気にスターダムに乗り、若手俳優の筆頭になる
また、最近のベンしか知らない人は意外かもだけど、本作でイケメン俳優の代名詞的立ち位置になり、全米で絶大なる支持を得たんだよねー
ブルース・ウィリスと共演でも、見劣りしない活躍を魅せてる

その後、「パール・ハーバー(Pearl Harbor)」やいくつかのラブコメ作品で、着実にキャリアを築いてたんだけど・・・

2003年のMARVEL原作の「デアデビル(Daredevil)」に主演して、彼の評価がガタ落ちになるんだよねー

Daredevil

大のアメコミ好きである彼にとっては、最高の役柄で、意気込んでたんだけど、結果的にファンや批評家から散々な評価を受けるんだよねー
本作でラジー賞最低男優賞を受賞し、この年に出演した作品全てでラジー賞を受賞するという快挙を成し遂げてしまう
確かに「デアデビル」のベンは、観てられないくらい、合ってなかったし、カッコ悪かった

その後、ある程度の活躍を魅せながらも評価を得られない日々が続いたけど、2007年監督に専念し、弟のケイシー・アフレックを主演にした「ゴーン・ベイビー・ゴーン(Gone Baby Gone)」を製作し、たちまち評価が急上昇

Director

俳優としてよりも監督としての評価の方が上に
実際、この映画すごい面白いし、登場人物の感情が色濃く表れてて、監督としての手腕を感じるよ

今までに「ザ・タウン(The Town)」「アルゴ(Argo)」と3作を監督し、アカデミー賞にノミネートされるなど、高い評価を得ている
第二のクリント・イーストウッドって言われてるよね

そして、2014年俳優としてカムバックを果たす

Gone Girl

全世界で話題になったデヴィッド・フィンチャー監督作品「ゴーン・ガール(Gone Girl)」で妻を殺した罪に問われる夫を演じ、興行的にも批評的にも最高の結果を収める
この作品でベン・アフレックにハマった人も多いのでは

ついにカムバックを果たしたベンは、自身が大ファンである「バットマン」としてキャスティング
クリスチャン・ベールに次ぐ、5代目バットマン

Batman v. Superman

それが、「バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生」
ベンがヒーロー役って聞くと「デアデビル」の悪夢が蘇ってくるけど、その凛々しい顎とクールな顔立ちがバットマンにピッタリなのは間違いないかな
後は、彼の演技次第ってところが大きいと思う
予告では、まだ判断できないね

今後DCコミックの悪役たちが活躍する「スーサイド・スクワッド(Suicide Squad)」や最強チーム「ジャスティス・リーグ(The Justice League)」にも参戦するだけに、良くも悪くもベン・アフレックのバットマンに期待大

スーパーマンが悪に染まる・・・「バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生」は、3/25日米同時公開

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント