[映画批評]007/慰めの報酬

007/慰めの報酬 [DVD]



今回は、「007/慰めの報酬(Quantum of Solace)」の批評

最愛の女性ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、彼女を奪った組織の中心人物ホワイトを拉致し、それを頼りに組織を追うが・・・

前作がすごくカッコ良かった分、やっぱり見劣りする
カッコイイアクションっていうのは、本当に最初と最後ぐらいしか無くて、全体的にスピード感に乏しい
シリーズ初の直属的続編(話が繋がってる)だけに、『ボンド、ジェームズ・ボンド』っていうのも言わないし、歴史を打ち崩した初物尽くし
敵役が環境保護を提唱してるところとかも現代的で、作風も現代に合わせてるんだろうね

ジェームズ・ボンド/007を演じるダニエル・クレイグ(Daniel Craig)は、前作よりも一層表情に影を落としてて、心の底では復讐心に駆り立てられてる姿を熱演
ジェームズ・ボンドの傷をダニエル・クレイグも負ってる感じ
同じく暗い背景を持つボンドガール オルガ・キュリレンコ(Olga Kurylenko)は、ボンドガール像を打ち砕くかのように力強くワイルド
ボンドと同じ目的を持つボンドガールを立てることによって、2人に焦点が当たるようになってる
でも、明るめのボンドガール ジェマ・アータートン(Gemma Arterton)の方が好きかなー
今回の悪役は、マチュー・アマルリック(Mathieu Amalric)
ここでマチューを起用するなんて、憎いことするねー
前作のマッツ・ミケルセンといい、個性派の演技派、しかも、国際色豊かに起用してくる
クライマックスの狂いようは、ある意味すごかった

ダニエル・クレイグのボンド映画の中で、一番微妙かな
なんかねー・・・何回観てもあんまり印象に残らないし、イマイチ楽しさに欠ける
もうこの時点から‘‘組織’’について触れてるんだね

ここでちょっと余談だけど、この映画のジャパンプレミアの時にダニエル・クレイグとオルガ・キュリレンコのこと観たことあるんだけど、オルガは結構綺麗だったし、ダニエルはもの凄く顔が小さかった
しかも、その時ダニエルがzashに手振ってくれてねー
メチャクチャ良い人だったー






スポンサードリンク

コメント

非公開コメント