[新作映画批評]エリア51

Area 51

今回は、「エリア51(Area 51)」の批評

普通の会社員だったリードは、ある日突然エリア51に興味を抱き、友人たちと潜入を試みる・・・

まず最初にとにかく‘‘エリア51’’に関して、調べる段階が長すぎ
いつまで経っても、調査やらインタビューやらをしてて、その時点で飽きてくる
しかも、結構都合が良過ぎで、主人公たちの思い通りに事が進み過ぎ
そして、ついに本題に入ったかと思いきや、ビデオカメラあるあるの『大事な所、映ってないじゃーん』『違うところが映ってるよー』のような映像で、結局撮影してる意味がなかった的な・・・
冒頭はモキュメンタリータッチのPOVで良かったのに、期待には応えられてない

キャストは、まぁまぁかな
一般人風で、オーラが無くてね
女性キャストが一人出てるんだけど、ある意味彼女の映り方が一番怖かった

手振れのおかげで臨場感があるし、入り込めるけど、エイリアンの姿もチョロっとしか映らないし、やっぱり大事な所が撮れてない
意味不明で何のためにエリア51に行ったのか、わからなくなってる
もっと‘‘目的’’をしっかり果たしてほしかった

アメリカ人にとってのエリア51は、一種のファンタジーだから、興味は尽きないよねー

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント