[特集映画批評]ニューイヤーズ・イブ

ニューイヤーズ・イブ [DVD]



今回は、「ニューイヤーズ・イブ(New Year's Eve)」の批評

大晦日のニューヨークを舞台にそれぞれの人々が新年を迎えるまでを描く

8組の話が別々に展開し、それぞれが最後に交錯するオムニバス・ムービー
オムニバス型式の映画好きだから結構面白かった
ボール・ドロップを実際に見たくなるし、大晦日に展開する愛の物語をうまく描き出してる
ラブコメとしてよくできてる大晦日に観ると気分が乗っていい

超豪華キャスト出演
ザック・エフロン(Zac Efron)とミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)の話が結構メインに描かれてて、ザックファンとしてはうれしい
ザックのいつもと違うチャラ男っぽい演技がなかなかで、マッチョさも増してていつもと違うザックが見れる
ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro)の演技は、相変わらず素晴らしい
他にもハル・ベリー(Halle Berry)、キャサリン・ハイグル(Katherine Heigl)、アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)、リア・ミシェル(Lea Michele)、サラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)、ジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)、ヒラリー・スワンク(Hilary Swank)、リュダクリス(Ludacris)等が出演
ジョン・ボン・ジョビ(Jon Bon Jovi)が出てるけど、演技が微妙歌手だからしょうがないけど、ちょっとね・・・
リュダクリスもちょっとミスキャスト感がある
ティル・シュヴァイガ―(Til Schweiger)が面白くて、ハマり役
素晴らしいコメディセンスを発揮している
アビゲイル・ブレスリン(Abigail Breslin)の相手役でジェイク・T・オースティン(Jake T.Austin)が出てて、ディズニーファンとしてはうれしい

監督は、「プリティ・ウーマン(Pretty Woman)」のゲイリー・マーシャル(Garry Marshall)
ラブコメを作らせたら、やっぱり面白い
マーシャル映画常連俳優も出演していて、いつも安定感ある演技を魅せてくれる

結構な良作
大晦日に観れば感情移入しやすいし、面白いよ

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント