[海外ドラマ批評]TRUE DETECTIVE/二人の刑事

True Detective [Blu-ray] [Import]



今回は、「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」の批評

1995年ルイジアナで謎の猟奇殺人が発生。捜査に訪れたラストとマーティは、事件を解決しようと躍起になる。一方、2012年の現在でも似たような事件が発生し・・・

重厚な人間ドラマが描かれてて、なかなか面白かった
立体的な映像表現が怪しさや狂気、物事をはっきりさせてて、物語をリアルに伝えてる
過去と現在が交錯する中で、随所に伏線が散りばめられてて、話が展開する内にどんどん回収していく
まるで、推理小説を読んでるかのよう
行動の一つ一つに無駄が一切ない
オープニングも作品を表してて、ついつい見入っちゃう

そして、なんといってもマシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey)、ウディ・ハレルソン(Woody Harrelson)の二大スターの演技合戦がすごい
特にマコノヒーは、彼を観てるだけで、60分あっという間に時間が過ぎるほどに観ていて楽しい
仕草の一つ一つがラストっていうキャラクターを現してるようで、目を離したくない
第4話での長回しのシーンは、圧巻で何度も観返したくなる
ウディ・ハレルソンのシリアスな演技とちょっと抜いた演技の緩急も良くて、感情の起伏を見事に表してる
この2人のコンビのやり取りもまた秀逸なんだよねー
他にもミシェル・モナハン(Michelle Monaghan)、アレクサンドラ・ダダリオ(Alexandra Daddario)、ケヴィン・ダン(Kevin Dunn)、エリザベス・リーサー(Elizabeth Reaser)など映画界で活躍する俳優陣の演技合戦が素晴らしい

マコノヒーの演技を観るためだけに、8時間使っても良いくらい
もちろんストーリーも素晴らしいんだけど、このキャストだからここまでのレベルになったんだと思う
全8話8時間マコノヒーの演技が観れるなんて、至福以上の至高だよ

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント