[特集映画批評]セブンティーン・アゲイン

セブンティーン・アゲイン 特別版 [DVD]



今回は、「セブンティーン・アゲイン(17 Again)」の批評

高校バスケのスター選手だったマイク・オドネルは彼女の妊娠をきっかけに、将来をあきらめ製薬会社で働き退屈な毎日にウンザリしていたが、ひょんな事から17歳の体に逆戻りしてしまい高校生活をやり直そうとするのだが・・・。

ティーン向け映画っぽい感じはするけど、意外としっかりとした脚本で面白い
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」っぽい演出がちらほら
いろんな映画へのオマージュが見て取れる

主演は、ザック・エフロン(Zac Efron)
ザック・エフロンのために製作したと言われてた作品だけに、本作のザックはめちゃくちゃカッコいい
コメディセンスもなかなかだし、家族を見守る父親らしさをうまく表現している
撮影中もマシュー・ペリーのしぐさとかをしっかり見てたみたいで、役作りもしっかりしてたみたい
ザックの華麗なアクションやダンスも観れる俳優としての幅の広さを感じた
ネッド役のトーマス・レノン(Thomas Lennon)が面白い
レスリー・マン(Leslie Mann)やマシュー・ペリー(Matthew Perry)等ラブコメとして正統なキャストも見どころ

ザック・エフロン主演だけど、いい所はマシュー・ペリーに持ってかれた感はある
でもザックファンは必見だし、そうじゃない人も観て損はしないと思う
心温まるハートフル・コメディで結構楽しめる
それにしても冒頭のシリアルがおいしそう

この映画の舞台挨拶の時、新宿ピカデリーでザックを見たけど、カッコよかったな~
いい人オーラ全開だった

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント