[短編批評]ディズニー・ショートフィルム・コレクション

ディズニー・ショートフィルム・コレクション ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



今回は、「ディズニー・ショートフィルム・コレクション」の批評

ディズニーとPixarのショートフィルムは、結構好きで観れるやつはほとんど観てるんだけど、今回もなかなかの粒ぞろい

作品ごとに批評していくね

「ジョン・ヘンリー(John Henry)」

奴隷制度に対するアフリカ系人種の闘いを具現化したような物語
ミュージカル仕立てになってるのは良かったけど、あんまりパッとしなかったかな

「ロレンゾ(Lorenzo)」

自分優位で他の猫たちをバカにする猫のロレンゾの物語で、人にしたことは必ず自分に帰って来るっていう事を上手くまとめてある
ディズニーにしては、ダークな作風で意外と好き
手書きなのに立体に見える映し方が良かった

「マッチ売りの少女(The Little Matchgirl)」

話に新鮮味はないけど、マッチに火をつけて夢を見る少女の切なさったら・・・

「グーフィーのホームシアター(How to Hook Up Your Home Theatre)」

ディズニー・チャンネルでよく流れてるやつのロングバージョン
相変わらずグーフィーのコメディは面白い

「小さな時計(Tick Tock Tale)」

デザインが変わってることで周りからバカにされている時計の話で、なんだろう、すごくグッとくる作品
感情の起伏が激しい

「ウェイン&ラニー クリスマスを守れ!/秘密の指令(Prep & Landing Stocking Stuffer:Operation:secret Santa)」

周りと比べるとちょっと微妙な話だったかな
ラストは良かったけど

「ネッシーのなみだ(The Ballad of Nessie)」

ネッシーをこういう解釈で描くのも面白い
環境破壊への警笛も鳴らしてて、ネッシーに対する見方が変わるかも

「ラプンツェルのウェディング(Tangled Ever After)」

「塔の上のラプンツェル」の後日譚
ラプンツェルというよりも、パスカルとマキシマスに焦点が当たってて、ちょっとした冒険

「紙ひこうき(Paperman)」

このコレクションの中で最高傑作
すごくロマンティックだし、こういうラブストーリー大好き
紙ひこうきをひたすら届けようとする姿が、もう何とも言えない

「ミッキーのミニー救出大作戦(Get a Horse)」

「アナと雪の女王」か何かのDVDに収録されてたと思うんだけど、ディズニー・アニメーションの進化を物語ってる
アトラクションのようで、白黒とCGのかけ合わせがすごく面白い

「愛犬とごちそう(Feast)」

これは感動だよ
一匹の犬の物語が進むにつれてね・・・すごく良い話

「アナと雪の女王/エルサのサプライズ(Frozen Fever)」

「アナと雪の女王」をそのまま短編にしたかのようなテンション
エルサとアナの歌に加え、ジョナサン・グロフ(Jonathan Groff)演じるクリストフの歌もほんの少し聞けるよ
もっと歌わせてほしいよね
期待通りの出来栄えだったし、キャラクターたちもほぼ全員出てきて、ファンのことをわかってる

結構古い作品から順番に収録されてるから、ディズニー・アニメーションの進化を体感できるよ
終わりのディズニーのマークが各々の作品を象徴してる
やっぱりディズニーのショートフィルムは良いね

ちなみにPixarショートフィルムの批評も書いてるよ

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント