[映画批評]ted

テッド [DVD]



今回は、「ted」の批評

ジョンがクリスマスにもらったテディベアが、ある日突然しゃべりだし、中年へと成長していた・・・

劇場で2回観て以来の鑑賞
やっぱり面白いし、ストーリーもしっかりとしてる
コメディ色の強いファンタジーって感じかな
もうとにかくこの映画は、tedの可愛さが一番でしょー
案外、何回も観てるとそこまでR指定な感じがしなくなってくる
毒っぽいコメディだけどね
色んな映画へのオマージュがあって、映画ファンとしてはすごく楽しい

tedを演じるのは、セス・マクファーレン(Seth MacFarlane)
やっぱりtedだと、良い声してるわー
声と言う事が絶妙にマッチしてる
ジョン役のマーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)は、コメディの方が好き
いつも屈強な男の役が多いけど、こういう映画にピッタリの顔だよね
この2人の友情、最高
でもねー・・・ミラ・クニス(Mila Kunis)とジョヴァンニ・リビシ(Giovanni Ribisi)のイメージがちょっと悪くなるかな
tedに感情移入するとね
ジョヴァンニのエキセントリックな演技は最高だけども
サム・ジョーンズ(Sam Jones)、ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)、ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)などのカメオ出演も見逃せない

何回観ても、あっという間の時間
そのぐらい面白いし、とにかく可愛い
終盤は泣いてしまうこと必至

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント