[映画批評]神は死んだのか

神は死んだのか [DVD]



今回は、「神は死んだのか(God's Not Dead)」の批評

ある大学の教授が生徒に「神は死んだ」という考えを強要するが、一人の生徒がそれを拒否し、神の存在を認めさせようとするが・・・

ものすごい改宗映画だった
ここまでやっちゃうって思うくらいな宗教映画で圧倒的悪役を真ん中に置いて入信させようとしてる映画
始まりから信じさせていく段階というか話の進め方が子供のケンカかと思うレベルだし、あれこれ何人も登場人物を増やしていくんだけど、どれも中途半端で、どうしようもない
そこで決着がつくなら、最初からその一言で済んだよねって思う

主演のシェーン・ハーパー(Shane Harper)は、案外良かった
一生懸命に証明しようとする姿に好感が持てるし、「グッドラック・チャーリー」や「ハイスクール・ミュージカル2」に彼が出てる事を知ってて、尚且つ彼のファンなら見て損はしないと思うよ

ぅ~ん・・・どうしても・・・教授の結末が納得いかないなー
とにかく、ストーリーも何も関係のない勧誘映画だった

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント