[映画批評]ガンズ&ゴールド

ガンズ&ゴールド [DVD]



今回は、「ガンズ&ゴールド(Son of a Gun)」の批評

JRは収監された刑務所で囚人たちの標的にされてしまう。しかし、ブレンダンという男が、守ってやる代わりに出所した後協力しろと申し出てくる・・・

アクションだけどアクションよりもドラマの印象が強い
こういう脱獄して、その後がリアルに描かれてる作品が好きだから、なかなか楽しめた
スタートしてからゴールに向かうまでの道筋がしっかり描かれてるし、意外や意外ラブストーリーも中心に置かれてて、色濃い映画だった
静かな中にも動きがあるっていう表現が似合うかな

主演は、ユアン・マクレガー(Ewan McGregor)と「マレフィセント」でフィリップ王子を演じてたブレントン・スウェイツ(Brenton Thwaites)
ユアンは、何を考えてるのかわからず、良い人なのか悪い人なのか、終始ドキドキさせられた
優しい役柄が多い彼だけど、強くて男臭い役も全然OK
ブレントンは、全く「マレフィセント」の面影はないんだけど、演技は良かった
「BOY A」のアンドリュー・ガーフィールドを見ているのかのような風貌と深みのある演技で人間性がよく出てる
ターシャ役の子とのラブストーリーも良かったね

最後は、ちょっとしたどんでん返しみたいなのがあって、面白かったよ
なかなか入り込んで観れるし、ドンパチ系とは違う面白さがあった

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント