[海外ドラマ批評]SUITS シーズン3

これから「SUITS」を観ようと思ってる方、まだ観たことのない方は・・・

前シーズンまでの批評はこちら

シーズン1

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

シーズン2

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-298.html

ここからは、シーズン3の内容を多少含みます





SUITS/スーツ シーズン3 DVD-BOX



今回は、「SUITS 」シーズン3の批評

マイクとハーヴィーの関係に亀裂が走り、マイクは関係修復のために奔走していた。そんな中、ハーヴィーは勝訴し、ジェシカから事務所を奪う為、躍起になっていた・・・

それぞれの「思い」が交錯し、絡み合ってるシーズンだった
前シーズンから言ってるけど、今シーズンもスッキリするシーズンじゃない
むしろ、モヤモヤが凄い残る
だから、もうスタイリッシュじゃないよね
シーズン1では、1話完結だったのに、シーズン2からそうじゃなくなったんだけど、それがちょっと長くて「まだここかー」って思う事がしばしば
しかも、何かというと相手がいつも同じで、最近絶対中盤に過去の話を入れて来てて、物語の進行に手抜きを感じるかな
後ねー、このドラマで好きだったのが、案件を解決へと導くまでの「手間」が好きだったのに、それが毎回カットされてて、次のシーンではすでに調べ終わってるのが気に入らない
しかも、リーガルドラマなのに、スキャンダルの寄せ集めになってしまってるのも気になるところ

ハーヴィーを演じる、ガブリエル・マクト(Gabriel Macht)は、相変わらずカッコいいけど、今シーズンは苦労が多かったね
全16話の内、結構ハーヴィーの起伏が激しかった
マイク役のパトリック・J・アダムス(Patrick J.Adams)は、その一日一日を大切にする姿がすごく伝わってくる
レイチェルとのキュートな恋愛劇も繰り広げられるんだけど、マイクの弁護士としての日常を考えると可哀想になってくる
彼が笑った顔を見ると、ジーンとくるものがあるぐらい見事な演技
ルイスも、またまたイメージアップ
どうしても憎めない存在
ジェシカもとことん印象を悪くしていくんだけど、最後の最後で「家庭の長」としての寛大さを見せつける
イギリス側の新キャストも加わって、ますますキャストの個性が強くなった

激動のシーズン3
あれこれ言ったけど、なんだかんだやっぱり面白い
続きが早く観たーい

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント