[海外ドラマ批評]SUITS シーズン2

これから「SUITS」を観ようと思ってる方、まだ観たことのない方は・・・

前シーズンの批評はこちら

http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

ここからは、シーズン2の内容を多少含みます





SUITS/スーツ シーズン2DVD-BOX




今回は、「SUITS」シーズン2の批評

前シーズンのラストで、トレバーがジェシカにマイクの秘密を暴露。秘密を知ったジェシカは、マイクを解雇しようとするが・・・

面白いんだけど、事務所内に悪意が渦巻いてて、嫌な空気が拭いきれない
今シーズンは、一話完結じゃなくて続いてる話が多いんだけど、続きを観ようという意欲があまり湧かないくらい
まさに弁護士という姿で、勝つか負けるかのせめぎ合い
ただこれまで無敵だと思われてきたハーヴィーの弱い部分や過去が描かれてて、歯がゆいけど、より一層ハーヴィーを知ることができた
ドナに焦点が当たってるのも、このドラマのファンとしては嬉しい
後、ルイスのイメージが、かなり良くなるよ
ルイス好きには堪らないし、好きじゃない人も好きになると思うくらいにルイスという人間の中身を見た
逆にジェシカに対するイメージが、かなり悪くなってしまった
マイクもちょっと自意識過剰になってるしで、シーズン1で打ち立てたスタイリッシュなイメージを打ち壊してるように感じた

出演者の演技も相変わらず演技と思えないレベルで、登場人物というよりも本物の弁護士の日常を観てるよう
特にガブリエル・マクト(Gabriel Macht)は、戸惑った表情などの色んな表情を目線で表現してて、素晴らしい
ルイス役のリック・ホフマン(Rick Hoffman)の存在感も増してる

今シーズンは、ピアソン・ハードマンで働く人間を取り巻く環境や関係性を描くことに終始した印象
前から思ってたんだけど、映画の引用がたくさん使われてるのが楽しいよね
次シーズンからは、一体どのような展開が待ってるのかな

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント