[最新映画批評]バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

Birdman

今回は、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」行ってきましたー

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu)監督による、第87回アカデミー作品賞受賞作品
ヒーロー映画「バードマン」で世界的スターになるも、最近は仕事も私生活もパッとしないリーガンは、再起を賭け、ブロードウェイの舞台に立とうとするが・・・

全体的に役者冥利に尽きる映画だった
演劇に興味を持ってる人なら、この舞台芸術の世界を表した世界観を楽しめるし、納得がいくと思う
長回しで背後から追っていくカメラワークとドラムロールなど独特な世界観を持った作品で、それがキャラクターたちの心情を描き出してる
一つの舞台上演までのプロセスが事細かに描かれてるのが、かなり楽しめた
時代の過ぎた映画俳優の苦悩と葛藤が色濃く描かれてるし、ハリウッドとはいわば対極にあるブロードウェイでの風当たりの厳しさゆえの俳優としての生き様を観た
芸術家気質の舞台俳優を通して、現代文化に対しての息詰まりなどを描いてて、なぜか説得力がある
批評をやってる者には、グサッとくる言葉もあったけど、まさにその通りだと思うよ

主演は、マイケル・キートン(Micheal Keaton)
これは、まさにキートンの為に書かれた作品
彼も「バットマン(Batman)」で一躍スターになったけど、最近はかなり落ち目の俳優だったからねー
下手なラブコメやファミリー映画での主人公の父親役とかしか、仕事がなかったもん
だからこそ出せる等身大の演技が、素晴らしいの一言
自らを投影した演技は圧倒的リアリティを醸し出してるし、俳優として生きる過酷さを思い知らされた
エドワード・ノートン(Edward Norton)演じる、演技派俳優マイク・シャイナーに妙に納得させられた
やってることや言ってることがまさにその通りで、感情移入の対象だった
しかも異様に説得力のある演技で、滑稽だけど、大人の俳優としてのカッコ良さを漂わせてる
プロデューサーであり弁護士でもある親友役のザック・ガリフィアナキス(Zach Galifianakis)は痩せたら、演技も上手くなった
いつものおとぼけ演技じゃなくて、れっきとしたシリアス演技
ユーモアとシリアスを緩急を使って魅せてる
いつもとは全くの別人だった
エマ・ストーン(Emma Stone)とナオミ・ワッツ(Naomi Watts)は、良い具合にくたびれた感じが出てる
エマは人生とは何ぞやと勉強中の苦悩さで、ナオミは積み重なった苦悩というかナオミ自身も投影されてるのかなと
ここ最近あんまりだったし、満を持して出た「ダイアナ(Dianna)」も酷評されて、これに賭けてる感が伝わってくる

観客に考えさせる映画で、結構ハッキリしない部分があるけど、かなり良かった
もう一回観たいし、これなら永遠と観てられるかも
上映中出て行く人がチラホラいたけど、さっぱり理解できない

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント