[最新映画批評]ライアー・ボーイ ウソで乗りきるスクールライフ

Pants on Fire

今回は、「ライアー・ボーイ ウソで乗りきるスクールライフ(Pants on Fire)」の批評

ディズニーXDオリジナル・ムービー
ジャックは、何事も嘘で乗りきってきた。ある日、今までついてきたウソが、現実になり・・・

アメリカでの公開が11月くらいだったから、結構早く放送して、ビックリ
なかなか面白かった
スピード感と謎めいた展開で飽きさせない
面白かった頃のディズニードラマを彷彿とさせる不思議な雰囲気がある
狼少年の話を映像化したみたいな感じ
カバの存在が「ドニー・ダーコ」みたい

主演のブラッドリー・スティーブン・ペリー(Bradley Steven Perry)は、まさにハマり役
役柄的には、「グッドラック・チャーリー(Good Luck Charlie)」のゲイブ役と大差ないけど、意外と動きのある演技が様になるなという印象
ライアン役が、ドーナル・グリーソンっぽい
タイレル・ジャクソン・ウィリアムス(Tyrel jackson Williams)は、あの笑顔が不気味な感じ
ジェニファーとハンナが、可愛い

最後の終わり方も良いし、しっかりとした内容だった
期待してなかったけど、面白かったよ
ぜひ、観てみて

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント