[特集映画批評]ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [DVD]



今回は、「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(The Hangover PartⅡ)」の批評

史上最悪の二日酔い、再び。今度は、ステュの結婚式の為、バンコクにやって来た御一行は、またまたはめを外し過ぎてしまう・・・

前作でコメディの新境地を開いたわけだけど、残念ながら本作は、その二番煎じ
何が起こるかわからずワクワクした前作と、ほとんど同じパターンで、予測がつくのが残念極まりない
それに次から次へと手がかりを追っていくわけだけど、前作では必然的に感じたのが、作業のように感じて、面白さにも必然性がない
コメディがっていうよりも、アクションやサスペンスをパワーアップさせてて、なんか違うなーと思う
そこじゃなくて本筋であるコメディをレベルアップさせてほしかったってこと

主演のブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)、エド・ヘルムス(Ed Helms)、ザック・ガリフィアナキス(Zach Galifianakis)の3人も前作と印象の違いはない
前作のテンションで、流れて来てるように演じられてるのは、評価できるけど、なんかキャラ的に変わった部分を魅せてほしかったかな
ザック演じるアランの面白さだけで、なってる感じ
ケン・チョン(Ken Jeong)は、面白いけど、同じだからねー
歌が上手い事には、ビックリした
花嫁が「ドラゴンボール EVOLUTION」のジェイミー・チャン(Jamie Chung)で、他にもポール・ジアマッティ(Paul Giamatti)など、キャスティングは結構好き
なぜに、ジャスティン・バーサ(Justin Bartha)は、巻き込まれないんだろうか
後、ラストにはサプライズ出演もあるからね

1作目で成功して、失敗した続編って評価かな
これが、もしも10年、20年して作られた続編なら、面白かったと思う






スポンサードリンク

コメント

非公開コメント