[最新映画批評]魔法の館エバーモア

Evermoor

今回は、「魔法の館エバーモア(Evermoor)」の批評

幼い頃、一度来たことある館、エバーモアに戻ってきたタラは、この屋敷に隠された秘密を解こうとするが・・・

まず補足として、本作はTVドラマとして4話にわたって放送されたものを、日本では一本にまとめて映画として放送した為、映画批評として扱います

よくあるカルト集団の率いる村にやってきちゃった的な感じ
「ウィッカーマン」とかミステリーにはこういう題材が付き物だけど、ディズニー製作にしては珍しい
しかも思いの他、ティーン向けの作品とは思えない内容になってるのは良かったかな
ただ思わせぶりで、置き去りにしちゃった事と無理やりな展開が目立つ
ミステリー以外の事柄が、おかしな方向に向かっちゃった感もある

出演者にも、イマイチ魅力を感じなかった
セブは、まぁカッコ良かった
結構安上がりで、出演者が少なくて、同じ人に色んな役割を与えてる

90分ぐらいなのに、結構長く感じた
ショットの移り変わりは、若干下手だけど、上手く一本にまとまってる
続編がありそうな予感


次回放送は3/29 ディズニー・チャンネルで





スポンサードリンク

コメント

非公開コメント