[新作映画批評]ネイバーズ

ネイバーズ 無修正バージョン [DVD]



今回は、「ネイバーズ(Bad Neighbours)」の批評

子育て真っ只中の夫婦の隣に大学の社交クラブが引っ越してきたことから、隣人戦争が勃発する・・・

面白かったけど、期待を下回る印象
大爆笑できるかと思ったけど、予告で観た部分が全てだったって感じ
おバカに拍車がかかった、物凄いアメリカン・コメディで、観る人を選ぶと思う
男のバカさ加減を謳ってる
なんか、コメディというよりも、サスペンスを観たような気持ち

セス・ローゲン(Seth Rogen) VS ザック・エフロン(Zac Efron)
セスは、いわゆるセス演技で、いつもと同じなんだけど、それが上手くハマってる
ちょっと焦った演技や笑い方がね
ザックは、新境地開拓と新たなハマり役の確立ができたと思う
コメディ演技と言うよりも、中盤から終盤にかけての怖さがハンパじゃない
もうイッチャってる感丸出しで、スリラーを観てるように思う要因
この方向性を見出せれば、エキセントリックな演技が重宝される演技派として一皮剥けるかも
爽やかザックは一切ないけど、持前のダンスのスキルは存分に発揮してる
デイヴ・フランコ(Dave Franco)は、兄譲りのコメディセンスで、軽妙な下ネタ演技
ローズ・バーン(Rose Byrne)は、コメディエンヌとして、やりたい事をやったって印象
他のコメディアンにも同じことが言えるかな

期待してた割に微妙だったけど、それでも面白かった
ザックの危うい演技は、観ていて小気味良かったし、それだけでも価値あり
続編の製作も決まってるけど、どういうふうになるのかなー






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント