[最新映画批評]ANNIE

ANNIE

今日2015年初映画館として、「ANNIE」観に行ってきたー

里子として育ったアニーは、両親を探す手がかりとして、毎週金曜日にイタリアン・レストランの前で、両親が現れるのを待っていた。そんなある日、携帯会社の富豪スタックスに助けられたことから、人生が変わり始める・・・

良かったことは良かったけど、王道のファミリー映画だよねって感じ
まず名作ミュージカルを現代版にしたわけだけど、最初の方はお遊戯レベルだし、わざとらしさが全体的に際立ってたかな
内容とメッセージ性で緩和されてるけど、ミュージカルとして成立してないように感じた
現代っぽくR&B調に曲がなってるし、Jay-Zが製作に名を連ねてるだけあって、ニューヨークの隅々まで描かれてる
環境もかなり現代的だし、スタックスの家とかは、かなり未来的

主人公アニー役は、クヮヴェンジャネ・ウォレス(Quvenzhané Wallis)
ちょっと生意気だけど、夢見る少女像を体現してる
歌声もキュートだし、アニー役としては、十分及第点
富豪スタックス役のジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)は、演技は申し分ないんだけど、期待してた歌が正直微妙だった
ジュリアード出身の歌声は綺麗なんだけど、ミュージカルなのに歌を歌ってる感が丸出し
話してるように歌わないとどうにもこうにも気持ち悪い
ハニガン役のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)が、明らかにミスキャスト
演技がわざとらし過ぎるし、歌が聞けたもんじゃないほどで、観てられない
「マンマ・ミーア!」のピアース・ブロスナンを観てるみたい
こういう役が最近多いけど、合わないんじゃないの
マイケル・J・フォックス(Michael J.Fox)のカメオ出演が、ファンとして一番驚いたし、嬉しかった
他にもハリウッド・スターのカメオ出演が多数あって面白いから、ぜひ探してみて

何度も言うけど、良かったことは良かったよ
頑張ろうっていうふうに思えるし、明るい映画だった
ただちょっと目につく部分が多かったかな






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント