[名作映画批評]バック・トゥ・ザ・フューチャー


バック・トゥ・ザ・フューチャー ベストバリューDVDセット



当ブログ記念すべき第1回映画批評は・・・「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」シリーズ
1985年に製作され、今なお愛されているSF映画。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでアトラクションに乗ったことがある人も多いかもしれませんが、なんとこのアトラクション・・・アメリカでは営業を終了しているらしく、現存しているのは日本だけらしいこれから行く人はぜひ映画を観てから行ってみてください。デロリアンに乗って時間旅行ができるすごく楽しいアトラクションですよ
おっと・・・話が脱線しそうでしたここからは映画批評。
本作はzash的には映画史上最高傑作と言っても過言ではないと思ってますというのもこの映画を子供の頃観て映画の世界に引き込まれ何回も観てきました。何回観ても飽きずに毎回新たな発見があるこの作品はまさに名作と感じます。運よくこのシリーズを再上映という形で劇場鑑賞することができましたが、家で観るのと劇場で観るのとでもまた違う発見があり、興奮しました。
今作はシリーズ通して過去から未来、未来から過去とタイムマシンのデロリアンに乗って奇想天外な旅を繰り返します。Part3ではウエスタン調に描かれていてまた違う印象を受けます。コメディ要素が非常によく組み込まれていて、SFがちょっと苦手という人でも全然楽しめる作品だと思います主演のマイケル・J・フォックス(Michael J.Fox)とクリストファー・ロイド(Christopher Lloyd)の息の合った軽快且つコミカルな演技は大変素晴らしく必見スピルバーグがマイケルの出演したTVコメディを観ていて、それがきっかけで本作の主演に大抜擢され一躍人気者の仲間入りを果たしたマイケルの魅力がとても詰まった作品。zashはPart2が一番好きかなやっぱり空飛ぶデロリアンがカッコいいここで描かれている未来もついに来年まで迫ってきてます。車はまだ飛んでないけどあと何年で空に飛べるようになるのかなとにもかくにもすごく面白い映画なので、ぜひシリーズ通して観てみてください機会があればぜひ劇場で

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント