[短編批評]月世界旅行

ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]



今回は、「月世界旅行(La voyage dans la lune)」の批評

映画の創成期において様々な技術を開発したと言われる、ジョルジュ・メリエス(Georges Méliès)監督の名作

1902年のサイレント映画で、今ではおなじみになった月とか惑星に顔が描かれてるのも、おそらくこの作品の影響
喜劇として描かれながらも、戦争に対しての提議、例えばその土地その土地の生活がある中で侵略することに対してのことや月が血を流すのも侵略や人間の負の歴史を謳ってるように感じた
多分後から色づけされたんだと思うけど、鮮やかな映像が目に飛び込んでくる
調べてみたら、ジョルジュ・メリエスは当時、手で色づけしたカラー映画を製作してたみたいで、その手法を踏襲した色づけになってる
月をはじめとした惑星が生き物として描かれてるのも面白い

今日のSF映画に影響を与えた、傑作ショートフィルム
メッセージ性の強い内容と絵のような映像が、すごい印象に残る
ジョルジュ・メリエスの他の作品も観てみたくなった

zashはカラーで観たけど、モノクロのオリジナルはこちら

ジョルジュ・メリエス監督作品「月世界旅行」






スポンサードリンク

コメント

非公開コメント