[特集映画批評]トランスフォーマー

トランスフォーマー [DVD]



今回は、「トランスフォーマー(Transformers)」の批評

スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)製作、マイケル・ベイ(Michael Bay)監督のSF大作、第一弾
目立たない少年サム・ウィトウィッキーは、初めての車を手に入れるが、その車は宇宙生命体トランスフォーマーだった・・・

何回も観てきてるけど、なかなか楽しめるよ
まず映像がすごいリアルで、複雑な変形シーンとそれに伴う機械音をあそこまでリアルに描けてるところがすごい
軍の出動や戦闘シーンは戦争映画を観てるみたいだし、そこに迫力のベイ・ヘム映像が相まって、迫力満点の仕上がりになってる
内容に関しても、ただのSFじゃなくて随所にコメディを織り交ぜてて、コメディとしても一級品
臨場感あるカメラワークも見事

俳優たちの演技やスタントもすごくて、特に主演のシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)は、抜群のコメディセンスとアドリブを織り交ぜた演技が素晴らしい
このコメディがまた凄まじく面白くて、シャイアが出てくると一気に入り込める
スタントもしっかり自分で演じてて、あの終盤のビルの上で落ちそうなところも、しっかり演じてるっていう映像を観たことがある
全てにおいて隙がなく、あの台詞まわしは圧巻
ヒロインのミーガン・フォックス(Megan Fox)も完璧なヒロイン像を作り上げてる
セクシーで役柄に合ってるし、ちょっぴり悪さを秘めた感じがよく出てる
今シリーズで最大の功績を上げてるのは、サムの両親役のケヴィン・ダン(Kevin Dunn)とジュリー・ホワイト(Julie White)
この親の面白さが抜群で、演じる二人も絶妙な演技で面白さを発揮してる
サムも含めこのウィトウィッキー家の面々がいなきゃ、この映画に魅力なんてない
そのぐらい面白いんだよね
ジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)、タイリース・ギブソン(Tyrese Gibson)は兵士像を体現してるし、ジョン・ヴォイト(Jon Voight)は国務長官にしか見えなくて本物かと思うほど、バーニー・マック(Bernie Mac)は自分の立ち位置を理解してる
ジョン・タトゥーロ(John Turturro)の演技も素晴らしい
「プリズン・ブレイク(Prison Break)」のアマウリー・ノラスコ(Amaury Nolasco)、「スイート・ライフ(The Suite Life of Zack and Cody)」のブライアン・ステファネック(Brian Stepanek)、「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ(Hannah Montana)」のアンドリュー・コールドウェル(Andrew Caldwell)、「22世紀ファミリー フィルにおまかせ(Phil of the Future)」のJ・P・マノックス(J.P.Manoux)が出てて、初めて観た当時嬉しかった
こういうSF映画だと俳優の演技以外のところに目が行きがちだけど、ぜひ演技に注目して観てみて

zashはこういうデカいロボットは、あまり得意じゃないんだけど、なかなか楽しめる
とにかく迫力あるSF映画だから、スカッとしたい人におススメ
でもちょっと時間が長いかな

リンキン・パークの曲もカッコいい





スポンサーリンク

コメント

非公開コメント