[特集映画批評]BOBBY

ボビー BOBBY  [DVD]



今回は、「BOBBY」の批評

1968年6月5日、アンバサダーホテル。ロバート・F・ケネディ暗殺。その世界の歴史を変えた一日を、その日アンバサダーホテルに集まった、22人それぞれの物語を描く

やっぱり良質な作品
何回か観てるせいか、序盤ちょっと長く感じたけど、実際の映像と役者たちの映像でつなぎ合わせた、秀逸な映像表現が目を引く
その日、アンバサダーホテルに集まった人達の一日がしっかり描かれてて、それぞれの人生が垣間見える
群像劇らしく最後に互いが交錯する運命に繋がってて、群像劇の良さをちゃんと出してる
あまりにも衝撃的な映画という印象

出演者は豪華で、名だたる俳優陣
アンソニー・ホプキンス(Anthony Hopkins)、シャロン・ストーン(Sharon Stone)、ヘザー・グレアム(Heather Graham)、マーティン・シーン(Martin Sheen)、クリスチャン・スレーター(Christian Slater)、ローレンス・フィッシュバーン(Laurence Fishburne)、ウィリアム・H・メイシー(William H.Macy)、アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)、イライジャ・ウッド(Elijah Wood)、ジョシュア・ジャクソン(Joshua Jackson)等、皆が皆、主役級のパフォーマンスを魅せてて、素晴らしい
中でも目を引いた俳優を紹介するね
一番素晴らしかったのは、デミ・ムーア(Demi Moore)
途中までデミだと気付かないくらい役になりきってて、素晴らしいの一言
本作のリンジー・ローハン(Lindsay Lohan)は、すごく美しくて、アメリカンスウィートハートの本領発揮
この頃のリンジーは、本当に綺麗で演技も良かったのに、今はあんななっちゃってもったいない
クーパー役のシャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)の演技も見どころ十分
LSDにハマった様子がなんとも滑稽で、尚且つシリアスな演技も披露してて、俳優としての力量を感じさせる
ポロリもあるしね
ホセ役のフレディ・ロドリゲス(Freddy Rodriguez)も良かった
エミリオ・エステべス(Emilio Estevez)が脚本・監督・出演の三役をこなしてて、俳優としてもそうだけど、この作品を作り上げた手腕を評価したい

結構衝撃だけど、伝記映画として勉強にもなるし、観て損はないと思う
今の日本にもボビーのような政治家が必要だよね






スポンサードリンク

コメント

非公開コメント