[特集映画批評]コンスタンティン

コンスタンティン [DVD]



今回は、「コンスタンティン(Constantine)」の批評

DCコミックスの「ヘルブレイザー」の実写化
ジョン・コンスタンティンは、この世に潜む悪魔の姿が見える。彼の使命は、奴らを地獄へ追い返すことだった・・・

これも何回も観てて、結構好きな作品
劇中の考え方や聖書をモチーフにした内容が面白い
「スーパーナチュラル」のような内容で、好きな人は絶対好きだと思う
DVDの表紙にもあるように、白と黒が映画全体を物語ってる
全体的に静かで、派手なアクションとかがそんなにあるわけじゃないけど、ホラーテイストにエクソシストの戦いをしっかり描いてる

タイトルロールを演じるのは、キアヌ・リーブス(Keanu Reeves)
物静かでクールな人物像とタバコの吸い方がすごいカッコよくて、zash的にキアヌ史上最大のハマり役だと思う
ただ咳き込むところとか、わざとらしい部分もあるけどね
ヒロインを演じる、レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)が良かった
可愛くて、綺麗だし、静の演技を魅せてくれる
コンスタンティンの相棒チャズ・クレイマー役は、シャイア・ラブーフ(Shia LaBeouf)
コメディセンス抜群で、ちょっと間の抜けた感じがすごく良い
特に終盤の見せ場は素晴らしい
ガブリエル役のティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)は、男っぽい嫌味な役柄を体現してる
サタン役のピーター・ストーメア(Peter Stormare)にも同じことが言えて、エキセントリックな演じ方が可愛さを覚えるほど、素晴らしいパフォーマンス

皮肉の利いた終わり方も良いし、全体的に面白いよ
ホラーが苦手な人でも全然観れるし、ホラーアクションを観たい人にはおススメ






スポンサードリンク

コメント

非公開コメント