[映画批評]ラストスタンド

ラストスタンド [DVD]



今回は、「ラストスタンド(The Last Stand)」の批評

田舎町の保安官レイは、休日を満喫しようとしていた。そんな中、見知らぬ怪しい人物を発見したレイは、密かに調査を開始する。それと同時に、FBIから一人の囚人が脱走し・・・

期待はしてなかったけど、その通り面白くない映画だった
アクション映画っていうアクション映画だった
薄い内容が目立って、全体を通して足りない感がある
血を出せばいいと思ってるとしか思えない
途中からコメディみたいになるし、まとまりがないように思う

主演は、本作が復帰作となった、アーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)
やっぱりシュワは、ターミネーターがハマり役だなーと改めて実感した
台詞は棒読みだし、表情も無表情で眉間にしわを寄せてるだけ
アクションもやっぱり衰えが来てるし、物足りなさを感じる
ただシュワ映画だけあって、カッコよく見えるように作られてる
共演のフォレスト・ウィテカー(Forest Whitaker)も微妙だった
いつも役になりきってるんだけど、本作ではわざとらしさが際立って、なんかウザい
ピーター・ストーメア(Peter Stormare)はいつもと似たような感じだけど、これが彼の魅力だからね
ロドリゴ・サントロ(Rodrigo Santoro)、ルイス・ガスマン(Luis Guzman)、ジョニー・ノックスビル(Johnny Knoxville)の三人はまぁまぁ良かったかな
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO(X-Men Origins:Wolverine)」でエージェント・ゼロ役のダニエル・ヘニー(Daniel Henney)や「マイティ・ソー(Thor)」のジェイミー・アレクサンダー(Jaimie Alexander)も出演

シュワの映画は、「ターミネーター(The Terminator)」と「ジングル・オール・ザ・ウェイ(Jingle All the Way)」ぐらいしか好きじゃないんだけど、やっぱりシュワ映画は合わないなーと思った
途中ウトウトと寝そうになったし、ただのアクションっていう印象








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント