[映画批評]11ミリオン・ジョブ

11ミリオン・ジョブ [DVD]



今回は、「11ミリオン・ジョブ(Empire State)」の批評

全米史上最大の強奪事件の真相に迫るサスペンス・ドラマ
警官志望の青年クリスは、友達のエディのせいで警官になれず、父はチンピラのスピロの言いなりで、苦しい生活を送っていた。ある日、現金輸送車の警備員の仕事に就いたクリスは、警備会社のひどい態度や手薄な警備を思い知り、現金袋を一袋盗んでしまう。この行動が全米史上最大の事件につながるとは思わずに・・・

実話ベースの作品なのに、何とも中身のない映画だった
60、70年代の時代を背景に当時の音楽を織り交ぜて展開する構成は良しとしても、淡々と話が展開し、人物設定も薄くて、退屈な時間だった
なんだかシリアス・ドラマなのか、コメディなのか、どっちつかずで何がしたかったのかわからない
それ以外全く印象に残らないと言ってもいい

主演のリアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth)は、久しぶりに観たけど案外良かったかな
演技は、兄のクリスに似てるんだけど、動いてるとカッコよく見える
「ラスト・ソング(The Last Song)」の時も思ったけど、オーラというか魅力が画面から伝わってくる
写真とか静止画だと微妙だけど、映像だとイイ笑 わかるかなー
エディ役のマイケル・アンガラノ(Michael Angarano)が良かった
昔から結構観てるんだけど、こういういきがった役柄がよく似合う
信用ならない感じを醸し出してる
ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson)を前面に出してるけど、そこまで登場シーンは多く感じなかった
しかもコメディチックな演技で、笑いそうになった
笑わせるような場面じゃないのに、この演技はいただけなかった
エマ・ロバーツ(Emma Roberts)も、そこまで重要な役柄じゃない
可愛いけど、エマ・ロバーツを起用しなくても良かったと思う
「アントラージュ(Entourage)」のジェリー・フェレーラ(Jerry Ferrara)が出てたのはうれしい
相変わらずタートル・・・
「トワイライト(Twilight)」のニッキー・リード(Nikki Reed)や「90210 新ビバリーヒルズ青春白書」のシェネイ・グライムス(Shenae Grimes)も出演
正直この二人は、見つけるの大変かも
マイケル・リスポリ(Michael Rispoli)等ギャング映画っぽいキャスティングも目立つ

全体的におススメしない一本
題材は良いんだから、もっとしっかりとした構成で作ってほしかった
もっとサスペンス調に描いても良かったかもね








スポンサードリンク

コメント

非公開コメント