[特集映画批評]新・猿の惑星

新・猿の惑星 [DVD]



今回は、「新・猿の惑星(Escape from the Planet of the Apes)」の批評

辛くも地球から脱出したジーラとコーネリアスたち。不時着した先は、なんと猿に支配される前の地球だった・・・

同じような話をいつまで観させられるのか
今まで過去の人間が未来の地球にやってくる話だったけど、今作は未来の猿が過去の地球にやってくる話
主な流れは1作目と同じだし、ちょっといじっただけの話の展開で、もう飽き飽きしてきた
パロディ映画ですかっていうぐらいのクオリティだし、所々コミカルに描かれてて、もう「猿の惑星」じゃない感じ
SF要素を感じられなくなってきてる

主人公は、猿
ジーラを演じる、キム・ハンター(Kim Hunter)初め、目の動きや歩き方まで素晴らしい
ほとんど知らない俳優ばかりだから、よくわからないけど、皆自分の役をしっかり演じてる

この作品の売りでもあった、猿も3匹しか登場しないし、どうにも納得のいかないラストが気に入らない
最後なんて巻き戻し、再生の繰り返しでもっとしっかり作れよって言いたくなった
予算ないなら2作で完結にすれば良かったんじゃない
昔の映画だからしょうがないにしてもねー・・・
つまらないし、「猿の惑星」を観るときは2作目までで十分かな








スポンサードリンク

コメント

非公開コメント