FC2ブログ

【Film Review】『ワイルド・スピード スーパーコンボ』 (2019)

MV5BOTIzYmUyMmEtMWQzNC00YzExLTk3MzYtZTUzYjMyMmRiYzIwXkEyXkFqcGdeQXVyMDM2NDM2MQ@@_V1_SY1000_CR0,0,685,1000_AL_

『ワイルド・スピード スーパーコンボ』 (原題:『Fast & Furious Presents:Hobbs & Shaw』) (2019年・米)

監督:デヴィッド・リーチ
出演:ドウェイン・ジョンソン/ジェイサム・ステイサム/ヴァネッサ・カービー/イドリス・エルバ/クリフ・カーティス/エイザ・ゴンザレス/エディ・マーサン/ジョー・アノアイ/ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ケヴィン・ハート ほか

あらすじ:全人類を滅ぼしかねない新型ウィルスが、英国諜報部MI6のエージェント ハッティ(ヴァネッサ・カービー)によって奪われた。ハッティは、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の妹で、デッカードとの過去に因縁のあるブリクストン(イドリス・エルバ)により、裏切り者に仕立て上げられたのだ。ウィルス兵器を自らの身体に注入したハッティは、兄のデック、そして元FBI捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)らと協力し、ブリクストンの魔の手から逃れようとするが・・・。



IMG_8343 (1)


『ワイルド・スピード』シリーズ初のスピンオフで、犬猿の仲であるルーク・ホブスとデッカード・ショウの2人の肉体派が主人公となる。
何をもって『ワイルド・スピード』と呼ぶのか、それは人それぞれだと思うけど、元祖カー・アクションもといカスタムカーが壮絶なアクションを繰り広げるのを期待してしまっている身としては、『ワイルド・スピード』らしさを感じられない作品ではあった。
もはや全く新しいアクション映画として、オリジナルとは切り離して観るべき作品で、ストーリーが飛躍しすぎていて収拾不能な状態・・・今回の敵も、人間ではなく超人へと進化を遂げていて、どこかのアメコミ映画を観ているような気分だった。
それでも、冒頭から銃撃戦、カーチェイス、殴り合い、大爆発など、2時間17分の上映時間アクションアクションアクションの連続で、全く退屈せずに楽しめるポップコーン映画だったことは間違いない!
頭を空っぽにして観れる、視覚的な楽しさが存分に詰め込まれた作品と言える。
『ワイルド・スピード』っぽさが感じられないのは、もう何作も前からの話だから、そこまで気にすることでもなく、むしろクライマックスで展開されるヘリコプターとのチェイスシーンでのニトロを使った描写や‘‘ファミリー’’の絆を描いた物語である点などは、『ワイルド・スピード』の意思を受け継いだ作品と言えるのかもしれない。

主演は、シリーズにおいて抜群の存在感を放ってきた、ドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサム
かねてから犬猿の仲であるホブスとショウを主人公にしたバディ・ムービー的要素が強く、彼らの凸凹っぷりが最高!
アメリカとイギリスという共通語を話しながらも、しばしお互いを批評しあう2つの国同士の対比という暗喩的なテーマも込められていて、それぞれの文化やアクセントの違いが浮き彫りにされていて面白かった次第。
もちろん、ザ・ロックとステイサムというハリウッドを代表する2大アクションスターが共演しているため、彼らがとことんカッコ良く、そして魅力たっぷりに映し出されている。
悪役のブリクストンを演じるイドリス・エルバは、彼らに引けを取らない存在感を発揮!
仮面ライダーばりのバイクアクションを魅せ、‘‘黒いスーパーマン’’の異名の通り、かなりの無敵感を漂わせる超人を演じるわけだけど、イドリスの説得力のある演技が功を奏し、突飛なキャラクターというよりも、リアリティを感じられるキャラクターになっていたと思う。
主要キャスト3人が、ひたすら極限の人間離れしたアクションを魅せるのが魅力的。
ヒロインとなるヴァネッサ・カービーは今後の活躍を楽しみにさせるし、ヘレン・ミレンの抜群の存在感も見どころ!
『デッドプール2』デヴィッド・リーチ監督との縁から出演したライアン・レイノルズケヴィン・ハートといった予想だにしないカメオ出演もあっと驚かされた。

オリジナルのシリーズよりも、コメディ要素強めなのが良かったところ。
ストーリー性や作品の意味などを考えずに、ひたすら観るだけで楽しめる作品だろう。
それにしてもホブスの娘サムを演じる子が交代していて、前作の時よりも幼くなっているのが、かなり気になるが・・・。

評価:★★★★★★★☆☆☆



関連記事
Twitter(@sunsetblvdmovie)では、最新映画、海外ドラマ情報を中心に、執筆記事の告知などを配信中!フォローしてね!

コメント

非公開コメント