FC2ブログ

【Film Review】『ワイルド・スピード ICE BREAK』 (2017)

MV5BMjMxODI2NDM5Nl5BMl5BanBnXkFtZTgwNjgzOTk1MTI@_V1_SY1000_CR0,0,631,1000_AL_

『ワイルド・スピード ICE BREAK』 (原題:『The Fate of the Furious』) (2017年・中/米/日)

監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル/ドウェイン・ジョンソン/ジェイソン・ステイサム/ミシェル・ロドリゲス/タイリース・ギブソン/クリス・‘‘リュダクリス’’・ブリッジス/ナタリー・エマニュエル/シャーリーズ・セロン/カート・ラッセル/スコット・イーストウッド/ヘレン・ミレン ほか

あらすじ:キューバで幸せな生活を送っていたドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)の前に、サイバーテロリストのサイファー(シャーリーズ・セロン)が姿を現し、ファミリーを裏切って協力しろと命じてくる。最も大切な‘‘ファミリー’’を人質に取られたドミニクは、ファミリーを裏切ることを余儀なくされる・・・。



ポール・ウォーカー不在の『ワイルド・スピード』はいかがなものかと思いながらも、鑑賞したけども、全く持って、本シリーズの魅力を発揮できていない作品であるのは否めない。
まず、元祖カー・アクションとして、最高級のスーパーカーが公道でカーチェイスやレースを繰り広げるのが最大の見どころであるはずなのに、本作でそういったシーンを観られるのは、ごくわずか・・・終いには、大量の車をクラッシュさせたり、空からボトボトと降らせてみたりと、やりたい放題にも程がある!
ストーリーについては、初期の頃は下町感漂うクライム映画といった雰囲気を醸し出し、それが世紀の強盗団の姿を描く作品へと様変わりしていったのも記憶に新しいけど、本作では、核弾頭を狙うテロリストを止めようとする『007』擬きのスパイ映画へと進化を遂げており、もはや手が付けられない状態に。
物事の理由付けもすべて後付けで、突飛な部分も多く、観ていて、頭が大混乱。
主人公のピンチにかつての宿敵が助けに現れる展開は、少年漫画の王道的ストーリーを行ってる感じだし、もう『ワイルド・スピード』のタイトルを名乗る必要性もなくなっている。

前作から続投のヴィン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムミシェル・ロドリゲスタイリース・ギブソンクリス・‘‘リュダクリス’’・ブリッジスナタリー・エマニュエルらに加えて、本作から若手のスコット・イーストウッドがファミリーに加入。
ポール・ウォーカーに代わる存在として期待がかかるけど、どうにも鬱陶しい役どころ・・・演技もいまひとつで、クリント・イーストウッドの息子がなんて情けないんだと思わせるほど。
本作で大きな仕事をやってのけるステイサムは良いところをすべて持って行った印象で、完全に「ジェイソン・ステイサム主演」状態。
終盤には、かつての宿敵であるショウ兄弟そろい踏みで助太刀に現れる。
悪役となったシャーリーズ・セロンは車を運転しないタイプの悪役で、本シリーズの悪役としてはキャラ弱目で、比較的おとなしめ。

ロシアでの雪道を颯爽と駆け回るシーンはカッコいいものの、そこに至るまでが、なかなか退屈・・・。
8作目にもなると、ネタ切れからか、迷走しているようにも感じ、そろそろ初期の頃の作風に戻したほうが良いのではないかと思わざるを得ない。

評価:★★★★★★☆☆☆☆



ワイルド・スピード ICE BREAK [Blu-ray]

新品価格
¥1,080から
(2019/8/15 02:25時点)



ワイルド・スピード オクタロジー Blu-ray SET (初回生産限定)

新品価格
¥7,217から
(2019/8/15 02:25時点)




関連記事
Twitter(@sunsetblvdmovie)では、最新映画、海外ドラマ情報を中心に、執筆記事の告知などを配信中!フォローしてね!

コメント

非公開コメント