[最新映画批評]原作の教科書を良い意味でも悪い意味でも忠実に再現。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

今回は、「ハリー・ポッター」シリーズ待望の最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(Fantastic Beasts and Where to Find Them)」の批評「ハリー・ポッター」の物語の70年前。一人の魔法使いが、イギリスからアメリカにやって来た。彼の名前は、ニュート・スキャマンダー。魔法動物学者の彼は、ある目的を持ち、ニューヨークにやって来たが、彼の持つトランクの中から、何匹かの魔法生物が逃げ出してしまう。一方...

[映画批評]日本劇場未公開のスペクタクル超大作「ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い」

今回は、「ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い(Northmen-A Viking Story)」の批評中世ヨーロッパで北欧から勢力を拡大した''ノースマン''と呼ばれるヴァイキングの戦いを描く、アクション・アドベンチャー9世紀。ヴァイキングのアスビョルンたちは、ノルウェー初の統一王ハーラルと対立し、植民地リンディスファーン島に新天地を求めていた。だが嵐で船が沈没、彼らは敵国アルバ王国に漂着する。近くにいた敵兵を蹴散らした彼らは、...

[映画批評]それは知らぬ間に、あなたの体内に潜んでいる。「ザ・ベイ」

今回は、「パラノーマル・アクティビティ」のオーレン・ぺリ(Oren Peli)と「レインマン」のバリー・レヴィンソン(Barry Levinson)という異色のタッグが織りなすパンデミック・スリラー「ザ・ベイ(The Bay)」の批評2007年7月4日 独立記念日のメリーランド州チェサピーク湾。そこは大勢の人々で賑わう活気に満ちた街だった・・・。しかし、この年の独立記念日は、一瞬にして悪夢と化すことになる・・・。一人の女性リポーター...

[新作映画批評]バカがバカの為に贈る。「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」

今回は、大ヒットコメディ20年ぶりの続編となる「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!(Dumb & Dumber To)」の批評あれから、20年・・・。ハリーとロイドの友情は続いていたが、ロイドは精神疾患に陥り、精神病院に入院する毎日を過ごしていた。が・・・実はそれは全くのデタラメその後ひょんなことから子供がいることが判明したハリーは、ロイドと共に2000マイルの旅に出ることに・・・1996年に大ヒットした1作目「ジム・...

[映画批評]ジム・キャリーのおバカぶり炸裂!!名作コメディ「ジム・キャリーはMr.ダマー」

今回は、アメリカン・コメディの革命児ファレリー兄弟(Farrelly Brothers)の商業映画デビュー作「ジム・キャリーはMr.ダマー(Dumb & Dumber)」の批評リムジンの運転手のロイドは、ある日、美女メアリーに一目惚れ。彼女を無事に空港まで送り届けることはできたものの、その彼女が一つの鞄を置き去りにしてしまう。その鞄を届けようと親友のハリーと共に3000マイル離れたアスペンまで行こうとするが、その鞄には大きな秘密が隠...

[新作映画批評]コンビニのバイトが覚醒!!「エージェント・ウルトラ」

今回は、実際にあったとされる極秘プロジェクトを題材としたアクション・コメディ「エージェント・ウルトラ(American Ultra)」の批評コンビニでバイトとして勤務するマイクは、マリファナに幻覚キノコなど、堕落した生活をする、ダメ人間。彼の支えは恋人のフィービーで、彼女にプロポーズする日を心待ちにしていた。そんな彼の生活はコンビニに謎の女性客がやって来たことから激変。その後、何者かに襲われた彼は、スプーン1本で...

[海外ドラマ批評]11月22日は運命の日。JFK暗殺を阻止できるのか!?「11/22/63」

今回は、スティーヴン・キング(Stephen King)原作、J・J・エイブラムス(J.J.Abrams)製作総指揮の「11/22/63」の批評時は2016年。一介の高校教師ジェイクは、妻とは離婚間近、仕事もパッとせず・・・。ある日、行きつけのダイナーの主人アルが突如、苦しみ始め、わけがわからないジェイクは、アルからある重大な''秘密''を打ち明けられる。それはこのダイナーの収納庫は''ウサギの穴''で、1960年10月21日に繋が...

[新作映画批評]実際に起きた奇跡的な事件を描く。「捕らわれた女」

今回は、2005年に実際に起きた事件を描く、「捕らわれた女(Captive)」の批評薬物依存に苦しみ、娘を奪われた、シングルマザーのアシュリー。再出発の為に引っ越してきた彼女は、ある夜、家の片づけをしていると、何者かに人質に取られてしまう。その人物とは生まれたばかりの息子に会おうと脱獄してきた、凶悪犯だった・・・薬物依存に苦しみながらも娘を取り戻そうと懸命に生きる女性と息子に会うために脱獄してきた凶悪犯と...

[新作映画批評]迫りくる、ベーコンの脅威!!「コップ・カー」

今回は、「コップ・カー(Cop Car)」の批評家出中のトラヴィスとハリソンの少年2人は、森の中で1台のパトカーを発見。好奇心からパトカーに入り込み、運転し始めてしまった彼らは、そのパトカーに秘められた''秘密''を目撃してしまう。そこから持ち主である保安官に追われることになり、数々の試練に立たされてしまう・・・これまで少年心に訴えかける好奇心を描いた映画は数多く製作されてきたが、これほどまでに衝撃的な作品は...

[映画批評]掘り出し物、見ーつけた!!「アース・トゥ・エコー」

今回は、「アース・トゥ・エコー(Earth to Echo)」の批評高速道路建設の為、立ち退きを命じられた3人の少年たちが、スマホに謎の画面が表示されたことから、それを調べることに。その後何らかの地図だと判明し、彼らは最後の夜の思い出に目的地に向かう。そこには謎の物体が落ちており、何やら怪しい生命体のような物だった・・・何かのDVDに予告編が入っていて、興味を惹かれる作品だったので、手に取ってみたのだが、期待値をは...