FC2ブログ

[新作映画批評]リアル刑事(デカ)ごっこin LA

LET'S BE COPS今回は、「リアル刑事(デカ)ごっこin LA(Let's Be Cops)」の批評オハイオからロサンゼルスに出てきて、数年が経過したが、まるでパッとしない生活を送っていたライアンとジャスティン。ある日、ジャスティンが開発しようとしていたゲームの為に持っていた警官の制服を身に纏ったところ、周りから一目置かれるように。彼らは警官のふりをして人生を謳歌するが、本物のギャングがそこに絡んできて・・・くだらない映...

[映画批評]ヴァージン・スーサイズ

ヴァージン・スーサイズ [DVD]今回は、「ヴァージン・スーサイズ(The Virgin Suicides)」の批評ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)監督作品リズボン家の5姉妹は周りの男子から憧れの視線を浴びていた。しかし、末っ子のセシリアが自殺してしまったことから彼らを見る周りの目は一変したが、彼女たちは至って普通に生活していた・・・「SOMEWHERE」にしても「ブリングリング」にしても逃避行を描くのが上手いソフィア・コッポラら...

[海外ドラマ批評]死霊のはらわた リターンズ

Ash Vs Evil Dead: Season 1 [DVD] [Import]今回は、「死霊のはらわた リターンズ(Ash vs. Evil Dead)」の批評あの山小屋で起きた忌まわしい参事から30年の時が過ぎた。死霊との戦いを経験したアッシュは、平穏な生活を送り、年老いていた。スーパーで働き、女好きの彼は、ある日、過ちを再び犯してしまう・・・。そう、またもや、あの''死者の書''の呪文を唱えてしまったのだ・・・1シーズン10話の1話30分と比較的短めな...

[映画批評]善き人に悪魔は訪れる

善き人に悪魔は訪れる [DVD]今回は、「善き人に悪魔は訪れる(No Good Deed)」の批評凶悪犯のコリンが、護送中に脱獄。夫との関係に悩みを抱えるテリーの自宅のベルを鳴らそうとしていた・・・こういうハウスブレイキング・スリラーにしては珍しく、犯人側の目線且つ素性がハッキリしてるのは面白いし、新鮮だった比較的侵入される側の背景がしっかりと描かれてる作品が多い中、こういう風に犯人の背景をハッキリさせるところから始...

[最新映画批評]ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

昨日、公開初日に「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(Teenage Mutant Ninja Turtles:Out of the Shadows)」を観に行ってきたので、今回はその批評前作から1年後。レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロのタートルズは、影ながら街を守り続けていた。共に戦ったカメラマンのヴァーンに街を救った英雄としての手柄を譲った彼らは、人間の世界に溶け込みたいと密かに願っていた。そんな中、宿敵シ...

[映画批評]死霊のはらわたⅢ/キャプテン・スーパーマーケット

死霊のはらわたIII キャプテン・スーパーマーケット〈ディレクターズカット版〉 [DVD]今回は、「死霊のはらわたⅢ/キャプテン・スーパーマーケット(Army of Darkness)」の批評サム・ライミ(Sam Raimi)監督作品前作のラストで中世にタイムスリップしてしまったアッシュは、そこで天からの使者として、三度死霊たちと死闘を繰り広げることに・・・終始バカバカしいことのオンパレードだけど、逆にそこがカルト的だし、中世を模した世...

[映画批評]死霊のはらわたⅡ

死霊のはらわた2 [DVD]今回は、「死霊のはらわたⅡ(Evil Dead Ⅱ)」の批評サム・ライミ(Sam Raimi)監督作品恋人と山小屋を訪れたアッシュ。しかし、またもやレコーダーを再生してしまい、再び死霊との死闘が幕を開けてしまう・・・直接的な続編じゃないのかな話が繋がってるようには思えないし、流れ的にも前作と全く同じ唯一違うところといえば、ホラーというよりもコメディのような印象が強くなったところ相変わらずのB級映画で...

[映画批評]死霊のはらわた

死霊のはらわた [SPE BEST] [DVD]今回は、「死霊のはらわた(The Evil Dead)」の批評サム・ライミ(Sam Raimi)監督作品アッシュとその仲間たちは、ある山小屋へ遊びにやって来た。ところがそこに置いてあったレコーダーを再生し、呪文が唱えられた途端、恐ろしき死霊たちが目を覚ましてしまう・・・良くも悪くも80年代初期の低予算映画らしいB級色がたっぷりと表れてるストーリーとか細かい設定はそこには無くて、ただただ若者た...

[海外ドラマ批評]アウトキャスト

今回は、「アウトキャスト(Outcast)」の批評「ウォーキング・デッド」の原作者が仕掛ける新たなるホラー主人公カイル・バーンズは、ある事件をきっかけに、家族と離れ、周りから隔絶された生活を送っていた。そんな中、ある事件の調査に向かった牧師から協力の依頼を受け、現場に向かうと、そこには''何者か''に憑りつかれた少年が・・・あまりにもどぎついシーンから始まるため、一瞬で観るのをやめたなんて話も目にしたほどに、...

[最新映画批評]ゴーストバスターズ

昨日、公開初日に「ゴーストバスターズ(Ghostbusters)」を観に行ってきたので、今回はその批評ポール・フェイグ(Paul Feig)監督作品コロンビア大学の教授エリンは、終身雇用の審査に通るために躍起になっていたが、過去に自らが出版したゴースト本が原因で、邸宅に幽霊が出たという相談を受ける。過去に葬ったはずの負の経歴が蒸し返されたエリンは共同執筆のアビーを訪ねることに。未だにゴーストを信じ切る彼女に施され、幽霊邸...

[名作映画批評]ゴーストバスターズ2

ゴーストバスターズ2 [SPE BEST] [DVD]今回は、「ゴーストバスターズ2(Ghostbusters 2)」の批評あれから5年・・・。今やゴーストバスターズは、インチキだという噂が広まり、幽霊退治の仕事が来なくなっていた。そんな中、またしてもデイナが狙われ、今度は、彼女の子供にまで魔の手が迫っていた・・・なかなか楽しめる作品だけど、やっぱり二番煎じなのは否めないコメディ要素が強くなったりしてて、多少の変化はあるんだけど、...

[名作映画批評]ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]今回は、「ゴーストバスターズ(Ghostbusters)」の批評ニューヨークで超常現象などを専門とする3人の科学者が、大学の研究室を追い出され、始めた稼業が幽霊退治。数々の幽霊を退治していくうちに、彼らの人気も急上昇。「ゴーストバスターズ」として、徘徊するゴーストを退治します・・・多少の古臭さは感じるけど、やっぱり名作シリアスなホラー作品が多かった当...

[海外ドラマ批評]MR.ROBOT

Mr Robot: Season 1 [DVD] [Import]今回は、「MR.ROBOT」の批評サイバーセキュリティ会社''オールセーフ''のエンジニアとして働くエリオット・オルダーソンは、実は、凄腕のハッカー。対人恐怖症であり、頭の中の''誰か''と会話をしたり、''何者か''に尾行されていると思い込むような妄想癖もあり、カウンセリングにも通っているが、他人のSNSアカウントに入り込んだり、ネット上で事件を摘発するなど、そのハッキング技術を世のた...

[映画批評]ホワイトアウト

ホワイトアウト [DVD]今回は、「ホワイトアウト(Whiteout)」の批評連邦保安官のキャリーは帰国直前にある殺人事件が発生し、南極という隔絶された場所で、調査をすることに・・・凍てつく極寒の地の空気感が伝わってくるけど、どうにもテンポが悪く、長々と捜査した割には情報量が少ないように感じる吹雪で視界がハッキリしない様と誰を信じていいかわからない様を上手い具合に重ね合せているのは評価したいこういう南極の地を舞台...

[映画批評]ザ・スピリット

ザ・スピリット 特別版 [DVD]今回は、「ザ・スピリット(The Spirit)」の批評セントラル・シティを守る''スピリット''は、ある夜、宿敵オクトパスを追っていた。しかし、この事件には昔の恋人であるサンド・サレフが関わっていると知り、彼は調査を開始するのだった・・・「シン・シティ」のフランク・ミラーのダークな作風が際立つ作品で、個性的で独特な世界観が全編を通して広がってる評価はあまりよろしくないけど、ノワール調...

[最新映画批評]X-MEN:アポカリプス

昨日、「X-MEN:アポカリプス(X-MEN:Apocalypse)」を観に行ってきたので、今回はその批評紀元前3600年。人類史上初のミュータントとして君臨していた男は神として崇められていた。新たなミュータントへの転移を試みていた彼の元で反乱が起き、瓦礫の下に埋もれてしまう。時は流れ、1983年。復活を遂げた彼は、アポカリプス(黙示録)と呼ばれ、核兵器まで製造した人類に怒りを募らせ、自らが世界を浄化し、再び神として君臨...

[海外ドラマ批評]刑事ヴァランダー シーズン3

これから「刑事ヴァランダー」を観ようと思ってる方、まだ観たことのない方は・・・前シーズンまでの批評はこちらシーズン1http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-610.htmlシーズン2http://sunsetblvdla.blog.fc2.com/blog-entry-619.htmlここからは、シーズン2の内容を多少含みますWallander Series 3 [Blu-ray] [Import]今回は、「刑事ヴァランダー(Wallander)」シーズン3の批評父親の死をきっかけに、ヴァランダーは...

[海外ドラマ批評]イレブンス・アワー FBI科学捜査ファイル

Eleventh Hour [DVD] [Import]今回は、「イレブンス・アワー FBI科学捜査ファイル(Eleventh Hour)」の批評この世には人知を超えた事件が多く存在する。それを単純な悪意から起こるものなのか・・・思ってた以上に「X-ファイル」っぽかったあっちは宇宙や超常現象をテーマにしてるけど、こっちは科学的に人間がなしえる可能性を秘めた事件を中心に展開されてる神の御業に到達しようとする人類の永遠の野望が描かれてて、単純な悪意...

[新作映画批評]イット・フォローズ

イット・フォローズ [DVD]今回は、「イット・フォローズ(It Follows)」の批評''それ''は人に移すことができる。''それ''はゆっくりと歩いてくる。''それ''に捕まると死ぬ・・・映像や音楽、怖がらせ方に至るまで、全てがスタイリッシュなまさに次世代のホラー怖がらせ方に関しては、正面から一気に驚かせるわけではなく、陰から徐々に襲いくる恐怖って感じ''それ''に関しては何かとてつもない意味が込められてそうで、現代の若者た...

[映画批評]GODZILLA (2014)

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組今回は、「GODZILLA」の批評1999年、謎の大地震が発生。そこで妻を失ったブロディは、その謎の解明にいそしんでいた。そんな中、現代の日本では謎の怪獣実験が行われていた・・・エメリッヒ版の「GODZILLA」とは異なり、これぞ「ゴジラ」と言えるような作風に仕上がってる監督であるギャレス・エドワーズの日本の「ゴジラ」を初めとした特撮作品への敬意を感じるし、人間対怪獣ではなく、怪獣同...