[海外ドラマ批評]ARROW/アロー

ARROW / アロー 〈ファースト〉 セット1(6枚組) [DVD]今回は、「ARROW/アロー」の批評億万長者の息子オリバー・クイーンが、5年間の無人島生活から奇跡の生還を果たす。彼は、父の遺言を果たす為、弓の名手グリーン・アローとなって、都会の闇を射抜く・・・久々にこんなに面白いドラマ観た一話完結で全23話なのに一気に観れるぐらい「LOST」のようにフラッシュバック式なんだけど、特に過去パートの時が面白いアクション要素も強...

[海外ドラマ批評]ペニー・ドレッドフル 〜ナイトメア 血塗られた秘密〜

ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~DVD-BOX(4枚組)今回は、「ペニー・ドレッドフル 〜ナイトメア 血塗られた秘密〜(Penny Dreadful)」の批評銃の名手イーサン・チャンドラーの元に謎の女性ヴァネッサから仕事の依頼が来るが、その仕事とは、この世とあの世の間で暗躍する魔物から守る用心棒の仕事だった・・・やっぱり、着眼点が面白いよだって、同じ時代にフランケンシュタイン博士とか切り裂きジャック、ドリア...

[海外ドラマ批評]ジェシカ・ジョーンズ

今回は、Netflixで配信中の「ジェシカ・ジョーンズ(Jessica Jones)」の批評エイリアス探偵事務所を開業したジェシカは、壮絶な過去を抱えていた・・・「デアデビル」同様、そんなに面白くはなかった第1話からハードボイルドな雰囲気を醸し出してて、期待してたけど、回を追うごとにその雰囲気もなくなっちゃったこの感じなら、1話完結型で探偵として活動しながらキルグレイブを追った方が、面白くなったんじゃないかなーちょっと...

[映画批評]ラン・オールナイト

ラン・オールナイト [DVD]今回は、「ラン・オールナイト(Run All Night)」の批評息子を守る為、友人のマフィアの息子を殺してしまったジミーは、ニューヨーク中から狙われながら、逃げ切ることができるのか・・・どっかで観たことある感じだなーと思ったら、ほぼほぼ「ジョン・ウィック」だった序盤のカーチェイスとか影のある映し方、俳優たちの表情を活かしたカットなど、カッコいいところはあったけど、内容がよくある感じだか...

[映画批評]わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ [DVD]今回は、「わたしに会うまでの1600キロ(Wild)」の批評自分自身の生き方を変えるためシェリルは、PCT(Pacific Crest Trail)に挑戦する・・・「イントゥ・ザ・ワイルド」「127時間」に次ぐ、一人旅映画の傑作過去と現在を交錯させながら、なぜ彼女がPCTに挑戦することになったのかを明確にしてるし、周りの人間に助けられながら、彼女が踏破した道のりを描いてる年に結構歩く人いるみ...

[映画批評]ショート・ターム

ショート・ターム [DVD]今回は、「ショート・ターム(Short Term 12)」の批評グループホーム「ショート・ターム12」にいる子供たちとそこで働く面々の人間模様を描く登場人物の感情がよく映し出されてるし、境遇が色濃く反映されてて、なかなか良かった主人公と施設の面々とかが支え合ってできてる一本の映画っていうのがピッタリとくるかな施設にいる子供たちの思うことを歌詞や物語として具現化してるのが良いね主演のブリー・...

[映画批評]シグナル

シグナル [DVD]今回は、「シグナル(The Signal)」の批評足の不自由なニックは、友達と謎のハッカー ノーマッドを探しに行くが、そこで何かに巻き込まれ、隔離されてしまう・・・面白かったけど、意味不明だった序盤はモキュメンタリー風で、色使いとかがキューブリックを彷彿とさせる感じで、謎めいたSF感が出てたんだけど、中盤以降わけがわからない方向に進んで行って、ちょっと引いた笑主演は、ブレントン・スウェイツ(Brento...

[映画批評]ピエロがお前を嘲笑う

Who Am I - Kein System ist sicher: - Keine Info -今回は、「ピエロがお前を嘲笑う(Who Am I)」の批評天才ハッカーのベンヤミンは、大学の試験問題を盗もうとし、逮捕されるが、奉仕活動の最中、ハッカー集団を組まないかと誘われる・・・騙されたーってほどじゃないけど、面白かった最初から、手法が「ある映画」っぽくて、ある程度予想してた通りだったんだけど・・・って思いきや、もう一転あって驚いたその「ある映画」を観...

[映画批評]チャイルド44 森に消えた子供たち

チャイルド44 森に消えた子供たち [DVD]今回は、「チャイルド44 森に消えた子供たち(Child 44)」の批評スターリン政権下のソ連で、次々と子供の変死体が見つかっていく・・・寝落ちするかと思うくらいに退屈だったまず何と言っても、「チャイルド44」というタイトルを語るには、その事件に関しての描写が薄い独裁国家での反逆やら何やらに重きを置いてて、片隅でそっちの事件は進行してるって具合あっちもこっちもだから、話に...

[映画批評]ハッピーボイス・キラー

ハッピーボイス・キラー [DVD]今回は、「ハッピーボイス・キラー(The Voices)」の批評精神的に問題を抱えるジェリーは、愛しの女性フィオナとデートの約束をするが、すっぽかされてしまう。たまたま雨の中、彼女を車に乗せるが、とんでもない方向に事が進んでしまう・・・社会病質者の妄想や考えてることが色濃く映し出されてて、結構ゾッとする映画しかも、コメディ調に描いてるから、より一層嫌な雰囲気を醸し出してるし、現代版...