FC2ブログ

[映画批評]バッド・マイロ!

バッド・マイロ! [DVD]HAPPY HALLOWEEN今回は、「バッド・マイロ!(Bad Milo!)」の批評ストレス続きのダグは、ある日激しい腹痛に襲われるが、実は彼の腸の中には謎の生物が潜んでいて・・・『テッドの次はコイツだ!!』っていうキャッチコピーだったけど、どちらかというと「チャイルド・プレイ」のチャッキーとか「グレムリン」のグレムリンに近いよねアメコミ映画の流れを組んでて、オープニングクレジットとか、展開も主人公...

[映画批評]シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』 [DVD]今回は、「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(What We Do in the Shadows)」の批評ニュージーランドに実在するヴァンパイアの生態を明らかにするドキュメンタリーモキュメンタリーっていうドキュメンタリータッチの映像でリアルに伝わってくるただ結構芝居がかった演出が多くて、若干現実味がなくなってしまってるところがあるのが残念スカイプの連絡先のところにモザイクが掛かっ...

[映画批評]アダムス・ファミリー2

アダムス・ファミリー2 [DVD]今回は、「アダムス・ファミリー2(Addams Family Values)」の批評アダムス・ファミリーに新たな子供が誕生。面倒を見るのに手を焼いた彼らは、ベビーシッターを雇うが、その女は冷酷な遺産泥棒で・・・一作目に比べると、あんまり面白くなかったというのも前作では自然に笑わせられてたのが、わざと笑わせようっていう気構えを感じてしまって、前作を意識しすぎじゃないかなーって思うストーリーの構...

[映画批評]アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー [DVD]今回は、「アダムス・ファミリー(The Addams Family)」の批評怪しげな家族アダムス・ファミリーの元に親族のフェスタ―だと名乗る男が現れるが、彼は財産を狙うニセモノで・・・なんだろう、この世界観にすごく落ち着くこの不気味なんだけど、滑稽な雰囲気が、ものすごくマッチしてて、面白い手だけで動くハンドとか、こういう不思議なの大好きキャストもみんな不気味で、特に不気味なのが、クリスティー...

[映画批評]ピラニア

ピラニア [DVD]今回は、「ピラニア(Piranha)」の批評スプリングブレイクの季節に古代のピラニアが大量発生し、人々を襲い始めた・・・かなりのグロテスク映画だった結構こういうの強い方だと思うんだけど、観てて気持ち悪くなったストーリー展開は絶叫映画の基本的なもので、バカな連中が大騒ぎしてたら、突然何かに襲われ出すって話キャストは思いのほか豪華保安官役に「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」からジェニファー...

[海外ドラマ批評]ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記セット1(3枚組) [DVD]今回は、「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones) 第一章:七王国戦記」の批評架空の王国を舞台に、今、壮絶な覇権争いが始まった・・・つまらなくはないけど、まだそこまでハマれてない登場人物が多くて、最初の方は人物相関図が見えてこなかったんだけど、徐々に好きなキャラクターとかを見つけて行って、理解していく感じストーリーは、架空の王国を舞台に...

[特集映画批評]マーズ・アタック!

マーズ・アタック! [DVD]今回は、「マーズ・アタック!(Mars Attacks!)」の批評ティム・バートン(Tim Burton)監督作品突如、火星人襲来!!ピンチに陥った地球になす術はあるのか・・・全く面白くなかった戦争に対しての風刺やアメリカと敵対する国へのパロディなどが込められてるのは良いんだけど、内容が無いに等しいもう、全てがわざとらしいし、呆気にとられる正直言って、全く世界観について行けなかったティム・バートンの...

[特集映画批評]さまよう魂たち

さまよう魂たち [DVD]今回は、「さまよう魂たち(The Frighteners)」の批評ロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis)製作、ピーター・ジャクソン(Peter Jackson)監督作品ゴーストハンターのフランクは、ゴーストと対話ができることを活かし、インチキ商売をしていた。だが、過去の事件と複雑に絡み合った時、彼の元に強大な相手が現れる・・・ピーター・ジャクソンが監督してるだけにファンタジー色の強い作品だったそのファンタジー要...

[特集映画批評]アメリカン・プレジデント

アメリカン・プレジデント [DVD]今回は、「アメリカン・プレジデント(The American President)」の批評アメリカ合衆国大統領のアンドリューは、犯罪法案を通そうとしていたが、環境法案を通そうとするシドニーと出会い恋に落ちてしまう・・・アーロン・ソーキンが脚本に名を連ねてるから面白いかと思ったけど、全くそんなことなかったとにかく話に説得力がない本作で描かれてる大統領の身勝手さったらなくて、すぐ周りに流されるし...

[特集映画批評]ブルー・イン・ザ・フェイス

ブルー・イン・ザ・フェイス [DVD]今回は、「ブルー・イン・ザ・フェイス(Blue in the Face)」の批評ブルックリンの街角にある小さなタバコ屋にやって来る客たちが騒動を巻き起こす・・・NY愛とタバコ愛に満ちた映画ただただ世間話をしてるだけで、こういう雰囲気の映画好き監視カメラの映像を覗いてるような感じ多人種が入り混じるブルックリンの街を一軒のタバコ屋を通して描いてて、ブルックリンという街への愛がとてつもなく...

[特集映画批評]トラブル・ボックス/恋とスパイと大作戦

マイケル・J・フォックス トラブルボックス“恋とスパイと大作戦” [DVD]今回は、「トラブル・ボックス/恋とスパイと大作戦(Don't Drink the Water)」の批評ウディ・アレン(Woody Allen)監督作品ソ連のアメリカ大使館の大使の息子アクセルは、ひょんなことから留守番を任されるが、時を同じくして、アメリカ人のホランダー夫妻がスパイ容疑をかけられ、大使館に逃げ込んでくる・・・強烈な政治風刺の効いたコメディだったけど、あん...

[特集映画批評]遺産相続は命がけ!?

遺産相続は命がけ! ? [DVD]今回は、「遺産相続は命がけ!?(Greedy)」の批評莫大の資産を持つジョーおじさん。彼の家族が遺産を相続するために、騒動を巻き起こすが・・・‘‘強欲’’っていうタイトル通りの映画とにかく陰険なストーリーで、金の為ならどこまでもやるような連中をコメディとして描いてるなんだけど、全体的に退屈だった静かすぎるというか、小さい劇場で上演されてる風変わりなコメディ劇を観ているようプロボウラー...

[特集映画批評]ライフ with マイキー

ライフ with マイキー [DVD]今回は、「ライフ with マイキー(Life with Mikey)」の批評子役として大ブレイクしたマイケルは、今や人気も薄れ、子役事務所を経営していた。売れない子役が多いなか、道端でスリに会い、そのスリの少女に可能性を見出し・・・思いのほか、ファミリー向けだった例えるなら、「ANNIE」とか「カーリー・スー」みたいな感じ展開も正直読めるし、ストーリー自体がありふれてるただよくあるストーリーを子役...

[特集映画批評]バラ色の選択

バラ色の選択 [DVD]今回は、「バラ色の選択(For Love or Money)」の批評ホテルのオーナーを夢見るコンシェルジュのダグ。ついにオーナーになるチャンスが舞い込むが、好きな女性が実は上客の愛人で・・・なんか淡々としすぎてるというか、筋書きがしっかりしてないというか、そこまで面白くなかったかな至って普通のラブコメって感じちょっとコメディ要素もわざとらしいのが微妙ホテルの撮り方は上手くて、ホテルにいる感覚が味わ...

[特集映画批評]ドク・ハリウッド

ドク・ハリウッド [DVD]今回は、「ドク・ハリウッド(Doc Hollywood)」の批評美容整形医になるためハリウッドに行こうとするベンは、道中の田舎町で立ち往生。そこで、診療所の医師をしなければならなくなり、何日か滞在することに・・・最初はあまり面白くないんだけど、話が進むうちにどんどん良い話になっていく田舎町の人と人とのつながりが上手く描かれてて、すごく心温まるそういう点では、主人公と同じ視点に立って、街に馴...

[特集映画批評]ハード・ウェイ

ハード・ウェイ [DVD]今回は、「ハード・ウェイ(The Hard Way)」の批評ニューヨーク市警の刑事ジョン・モスは、‘‘パーティー潰し’’という凶悪犯を追っていた。そのニュース映像を観た俳優のニック・ラングは刑事役の役作りとして、彼の元で相棒として行動を共にしようとする・・・最近では少なくなった、王道のバディ・ムービーこういう映画は、本当に面白いアクションとコメディが良い具合に両立されてて、娯楽映画とはまさにこの...

[特集映画批評]カジュアリティーズ

カジュアリティーズ [DVD]今回は、「カジュアリティーズ(Casualties of War)」の批評ブライアン・デ・パルマ(Brian De Palma)監督による、ベトナム戦争中に起きた不祥事を描いた問題作戦争は人を変えてしまうという事が根底にあるテーマのように感じたベトナム戦争での実態や問題をリアルに提起してるマイケル・J・フォックス(Michael J.Fox)演じる主人公の視点から、人道を外れた行いを明るみにしてるマイケルの後ろで間違った行...

[特集映画批評]摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に [DVD]今回は、「摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に(The Secret of My Success)」の批評2回目だけど、やっぱり面白いねニューヨークに田舎からやって来る人の期待や想像などの心情を具現化したようなストーリーアメリカン・ドリームを体現してる一種の騙し合いを軽妙に描いてて、コメディとしての出来は上々音楽がすごく印象的ニューヨークに圧倒されてないところが魅力的主演のマイケル・J・フォ...

[特集映画批評]ティーン・ウルフ

ティーン・ウルフ [DVD]今回は、「ティーン・ウルフ(Teen Wolf)」の批評普通の高校生スコットは、ある日自らに起きた異変に気付く。それは、家族代々続く、狼男への変貌の始まりだった・・・80年代の青春映画の王道的ストーリー展開高校生がビールを買うのに躍起になってたり、パーティのシーン、本当に大事なのは自分自身で大切な人は近くにいるっていうメッセージが込められてるところとかね人物設定が薄くて、いろいろと関係...

[名作映画批評]バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 3

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [DVD]今回は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future PART Ⅲ)」の批評1885年に行ってしまったドクを救う為、マーティは、デロリアンに乗り、西部開拓時代へと向かう・・・西部劇になってて、この映画はどんな時代でも作れるなーって感心させられる目線のカットや決闘シーンなど、劇中でマーティが名乗るようにクリント・イーストウッドのマカロニウエスタンを彷彿とさせ...