[Hollywood 365]September 2015

今月公開された話題作の予告編を一挙に紹介ディズニーの名作アニメーションを実写化、「The Jugle Book」なんか「ジュラシック・ワールド」かと思った笑映像がすごく綺麗だねークリスチャン・ベール、ブラッド・ピット、ライアン・ゴズリング豪華共演の「The Big Short」この3人の共演を観れるだけで、至福だよねー演技合戦に期待エディ・レッドメイン渾身の一作「The Danish Girl」またもや、エディの名演が観れそうどういう風に...

[短編批評]ディズニー・ショートフィルム・コレクション

ディズニー・ショートフィルム・コレクション ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]今回は、「ディズニー・ショートフィルム・コレクション」の批評ディズニーとPixarのショートフィルムは、結構好きで観れるやつはほとんど観てるんだけど、今回もなかなかの粒ぞろい作品ごとに批評していくね「ジョン・ヘンリー(John Henry)」奴隷制度に対するアフリカ系人種の闘いを具現化したような物語ミュージカル仕立てになってるのは良かったけど...

[最新映画批評]バッド・ヘア・デー

今回は、「バッド・ヘア・デー(Bad Hair Day)」の批評ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー第88作目モニカはプロムクイーンを目指す高校生。ある日、質屋で手に入れたネックレスが、大変な事態を引き起こし、モニカにとって最悪の一日が始まった・・・まず最初に‘‘Bad Hair Day’’っていうのは、何をやっても上手くいかない日って意味ねタイトル通り、次から次へと裏目に出ていく様子が描かれてる幼いころに母親が家から...

[新作映画批評]シンデレラ

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]今回は、「シンデレラ(Cinderella)」の批評母の教えを守り、勇気と優しさを忘れないでいたエラは、いじわるな継母の元で雑用をこなす毎日を過ごしていた。ある日ひょんなことから、王子と出会い・・・重厚な舞台劇を観ているかのような演出と美しいセットや衣装が相まって、すごく美しい映画に仕上がってるオリジナルの「シンデレラ...

[名作映画批評]シンデレラ

シンデレラ ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]今回は、「シンデレラ(Cinderella)」の批評いじわるな継母の元で暮らすシンデレラは、ある日王宮で開催される舞踏会に参加しようとするが・・・何回か観たことあるけど、じっくりと観るのは初めて現代のラブストーリーだけでなく、いろんな類の話に影響を与え続けてる王道のストーリーやっぱり夢物語で...

[映画批評]ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀

ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [DVD]今回は、「ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀(Howard the Duck)」の批評ダックのハワードは、ある日、ダックの惑星から地球にやってきてしまい・・・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のラストに登場したあのアヒルの映画MARVELっぽくないヒーローヒーローしてないところが逆に好き結構全編通して、個性的な設定で、コメディ色が強いだから、隙間隙間に笑い...

[最新映画批評]アントマン

昨日、「アントマン(Ant-Man)」を観に行って来たので、今回はその批評刑務所から出所したスコットは、なかなかしっかりした仕事に就けないでいた。ある日、盗みに入った家で謎のスーツを見つけ、着用するが、それを着ると伸縮自在のアントマンへと変身できるのだった・・・面白かったは面白かったけど、ちょっと盛り上がりに欠けるかな前置きが長いというか、説明と練習に時間を割きすぎて、本番で尺が足りなくなっちゃったみたいに思う...

[映画批評]デアデビル

デアデビル [DVD]今回は、「デアデビル(Daredevil)」の批評盲目の弁護士マードックは、幼いころに両親を殺され、デアデビルとして悪人に復讐し続けていたが・・・小学生の時にDVDを買って、10年以上最後まで観れなかったぐらいに退屈に感じてて、数年前に初めて最後まで観れて、厳密に言えば今回が2回目やっぱりあんまり面白くないねCGに頼り過ぎだと思うし、演出が全てわざとらしくて、「マトリックス」から影響受け過ぎ...

[新作映画批評]ビッグ・アイズ

ビッグ・アイズ [DVD]今回は、「ビッグ・アイズ(Big Eyes)」の批評マーガレットは大きな瞳の絵を描く画家。ある日、ウォルター・キーンという男と出会い、結婚し、その絵が一躍有名になるが、そこには隠された秘密があった・・・そこまで、ティム・バートン(Tim Burton)らしい作品じゃなかったけど、景観の色使い等に‘‘バートン・ワールド’’が見られるやっぱり子供の純真さを描くのは上手一つの絵をめぐる話なわけだけど、内容に面...

[映画批評]ポンペイ

ポンペイ [DVD]今回は、「ポンペイ(Pompeii)」の批評ケルト人のマイロは、家族をローマ軍に殺され、剣闘士として戦い続けていた。そんな中、奴隷としてポンペイにやって来るが・・・予想以上に良作だったまず、剣闘士の闘いとディザスターという異色の組み合わせが面白い終盤までは比較的ディザスター要素は弱めだけど、その分剣闘士のドラマを色濃く描けてて、全く退屈させないそこまで露骨なバイオレンス描写があるわけじゃない...