FC2ブログ

【Film Review】『マリアンヌ』 (2016)

『マリアンヌ』 (原題:『Allied』) (2016年・英/米)監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/リジー・キャプラン/マシュー・グード/サイモン・マクバーニー ほかあらすじ:第二次世界大戦下の1942年。諜報部員のマックス・ヴァタン(ブラッド・ピット)は、カサブランカで任務を共にしたマリアンヌと恋に落ち結婚。彼女との間に子供をもうけるも、彼女がドイツのスパイ...

【Film Review】『アデライン、100年目の恋』 (2015)

『アデライン、100年目の恋』 (原題:『The Age of Adaline』 (2015年・米/カナダ)監督:リー・トランド・クリーガー出演:ブレイク・ライヴリー/ミキール・ハースマン/ハリソン・フォード/エレン・バースティン/キャシー・ベイカー/アマンダ・クルー ほかあらすじ:ある事故をきっかけにまったく年を取らない体になってしまったアデライン・ボウマン(ブレイク・ライヴリー)は、自身の秘密を知られないために、身分を隠し、...

【Film Review】「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」/日本映画をハリウッドがリメイクした感動作

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」 (原題:「Midnight Sun」) (2017年・米)監督:スコット・スピアー出演:ベラ・ソーン/パトリック・シュワルツェネッガー/ロブ・リグル/クイン・シェパード 他あらすじ2006年の日本映画「タイヨウのうた」をリメイク。17歳のケイティは色素性乾皮症(通称:XP)という日光に当たると命取りになってしまう難病を抱えており、日中は外に出ることができず、普通とはかけ離...

【Film Review】「シェイプ・オブ・ウォーター」/言葉を必要としない愛の"形"

「シェイプ・オブ・ウォーター」(原題:「The Shape of Water」) (2017年・米)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:サリー・ホーキンス/マイケル・シャノン/ダグ・ジョーンズ/オクタヴィア・スペンサー/リチャード・ジェンキンス 他ギレルモ・デル・トロが描き出す愛の”形”ドラキュラ(ヴァンパイア)、狼男、フランケンシュタイン博士の人造人間・・・怪奇映画のモンスターたちは時代と共に進化を遂げ、今やロマンス映画の主人公とな...

【Short Review】「キャンディ」/悲恋を愛おしく描く秀作

「キャンディ」 (原題:「Candy」) (2006年・オーストラリア)監督:ニール・アームフィールド出演:ヒース・レジャー/アビー・コーニッシュ/ジェフリー・ラッシュ 他薬物に溺れた男女の生活を"天国""地上""地獄"の3パートから描き切る秀作。ヒース・レジャーとアビー・コーニッシュが情緒的に織りなす消え入りそうな愛の形が何とも言えない気持ちにさせ、感情移入を誘う。またサポート役を務めるジェフリー・ラッシュの普段と異...

【Short Review】「カサノバ」/プレイボーイが見つけた真実の愛

「カサノバ」 (原題:「Casanova」) (2005年・米)監督:ラッセ・ハルストレム出演:ヒース・レジャー/シエナ・ミラー/ジェレミー・アイアンズ/オリヴァー・プラット/レナ・オリン/チャーリー・コックス/ナタリー・ドーマー 他プレイボーイの元祖とされるジャコモ・カサノヴァを主人公に、彼が真実の愛に目覚めていく姿を描く。中世を舞台としたラブコメで非常に新鮮な印象を受ける一方で、物語や映像にメリハリがないようにも感じ...

【Short Review】「ブロークバック・マウンテン」/男同士の友情を超えた"絆"

「ブロークバック・マウンテン」 (原題:「Brokeback Mountain」) (2005年・米/カナダ)監督:アン・リー出演:ヒース・レジャー/ジェイク・ギレンホール/ミシェル・ウィリアムズ/アン・ハサウェイ/ケイト・マーラ/アナ・ファリス/デヴィッド・ハーバー 他男同士の友情を超えた"絆"を繊細に映し出しており"初恋"のソワソワするあの感覚を思い出させる。開始から45分ほど女優が一切登場しないという稀な作品だが、そこが逆に美し...

【Film Review】「パッセンジャー」/悲恋でありながらもハッピーエンド?

「パッセンジャー」 (原題:「Passengers」) (2016年・米)監督:モルテン・ティルドゥム出演:ジェニファー・ローレンス/クリス・プラット/マイケル・シーン/ローレンス・フィッシュバーン 他宇宙版「眠れる森の美女」「ゼロ・グラビティ」「インターステラー」「オデッセイ」、さらには「スター・ウォーズ」の復活など、ここ数年SF映画は驚異的な進化を遂げ、新作SFが公開される度に作品の質が向上しているように思う。...

【Film Review】「her/世界でひとつの彼女」/男が恋したのはOS(コンピューター)でした。

「her/世界でひとつの彼女」 (原題:「Her」) (2013年・米)監督:スパイク・ジョーンズ出演:ホアキン・フェニックス/エイミー・アダムス/ルーニー・マーラ/オリヴィア・ワイルド/クリス・プラット/スカーレット・ヨハンソン 他人工知能を題材にした、全く新しい近未来映画人工知能を題材とした近未来SFは多く存在するが、それをロマンスとして捉え、全く新しい切り口で描いて魅せたのが、この「her/世界でひとつの彼女...

【Film Review】「戦場からのラブレター」/一人の女性の壮絶な戦争体験

「戦場からのラブレター」 (原題:「Testament of Youth」) (2014年・イギリス/デンマーク)監督:ジェームズ・ケント出演:アリシア・ヴィキャンデル/キット・ハリントン/タロン・エジャトン/エミリー・トンプソン/ヘイリー・アトウェル 他一人の女性が体験した戦争と悲恋タイトルで判断するとラブストーリーに重きを置いていると判断しがちだが、本作は決してそこを中心としているわけではない。平和主義者のヴェラ・ブ...

【Film Review】「きみに読む物語」/愛する女性の記憶を取り戻すために

 「きみに読む物語」 (原題:「The Notebook」) (2004年・米)監督:ニック・カサヴェテス出演:ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス/ジェームズ・ガーナー/ジーナ・ローランズ/ケヴィン・コナリー/ジェームズ・マースデン 他ニコラス・スパークスが描き出す、''ひと夏の恋''ラブストーリーの名手ニコラス・スパークス原作で織り成され、現代恋愛劇の名作として数えられている作品で、誰もが一度は経験す...

[映画批評]私の愛情の対象

私の愛情の対象 [DVD]今回は、「私の愛情の対象(The Object of My Affection)」の批評小学校で教師をするゲイのジョージとソーシャルワーカーのニーナが、ひょんなことから同居することになり、次第にニーナは彼に恋心を抱き始める・・・この年代の作品でゲイを題材にしてるところは、珍しく感じたでも、結局はそうなるよねっていう結末だし、わかりきってることをひたすら2時間やり続けてたかといって、主人公のゲイの男性の心が...

[映画批評]愛情は深い海の如く

愛情は深い海の如く [DVD]今回は、「愛情は深い海の如く(The Deep Blue Sea)」の批評夫がいる身のへスターは、フレディーという男性と恋に落ちてしまい・・・非常につまらない映画だった時間軸もバラバラでわかりにくいし、結局何が言いたいのかわからない90分強ぐらいなのに、倍ぐらいの上映時間に感じた主演のレイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)は、感情表現豊かでなかなかだったけど、実際のところ単調っていったら単調かな相...

[映画批評]ブルックリンの恋人たち

ブルックリンの恋人たち スペシャル・プライス [DVD]今回は、「ブルックリンの恋人たち(Song One)」の批評弟が事故にあい、弟が好きだったインディーズ歌手のジェイムズ・フォレスターを探すフラニーは彼を見つけ、弟に歌を聞かせることに・・・登場人物たちが耳にする音楽以外、音楽は一切使われてない静かな映画物語にも、あまり起伏がないし、深い意味もなくて、確実に寝る前に観たら寝落ちすると思うそのぐらい、なんか見どこ...

[新作映画批評]ハッピーエンドが書けるまで

ハッピーエンドが書けるまで [DVD]今回は、「ハッピーエンドが書けるまで(Stuck in Love)」の批評別れた妻を待ち続ける父、親密な関係を築きたくない娘、恋愛経験のない息子。彼らに新たな出会いが訪れる・・・文学的な作品だったセリフとかも詩的な印象だし、映画全体が一冊の本みたいな構成になってる父、娘、息子の視点から最初は周りと距離を置いていた家族が、最後には親密な関係を築けるようになるまでが、表現されてるでも...

[新作映画批評]アイ・オリジンズ

今回は、「アイ・オリジンズ(I Origins)」の批評生物の目の研究をする科学者イアンは、ある日運命的な出会いを果たし、彼女の瞳を頼りに探し出すが・・・なかなかの掘り出し物だった無神論者の科学者を主人公に立てて、有神論を唱えてる生まれ変わりがテーマで、宗教的な事をラブストーリーとして展開させてる結構難しいテーマというか、言葉を多用してるから、こんがらがる部分も多かったけど、本筋にあるのはロマンスとか運命っ...

[新作映画批評]あと1センチの恋

あと1センチの恋 [DVD]今回は、「あと1センチの恋(Love,Rosie)」の批評親友同士のロージーとアレックスは、お互いの気持ちに気づかないまま、すれ違い続けていた・・・まさに踏んだり蹴ったり女子への応援ムービー複雑な男女間の友情と恋を中心に描いてて、親友同士のすれ違いを振り返るように展開していくんだけど、そのすれ違いがもの凄くもどかしいというかムズムズするくらいに繰り返されて、『あぁー』ってなるシチュエーシ...

[新作映画批評]きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。(特別編) [DVD]今回は、「きっと、星のせいじゃない。(The Fault in Our Stars)」の批評ヘイゼルは、ある日癌患者のグループセラピーに参加し、そこで癌を克服したガスと出会う・・・良かったというよりも、とにかく美しい映画だった全てのピースが完璧に合わさってて、もうとにかく美しいとしか言いようがない序盤はラブストーリーに時間を割いてるんだけど、またそれが全く嫌みがない等身大の恋愛を映...

[新作映画批評]フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]今回は、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(Fifty Shades of Grey)」の批評大学生のアナはルームメイトの代わりにクリスチャン・グレイの元に取材に行き、そこでお互いに惹かれあう。しかし、クリスチャンには、家族も知らない嗜好があった・・・とにかく空いた口のふさがらない映画だった笑元々「トワイライト」のファンフィクションとして書かれた作品だ...

[映画批評]2月の夏

2月の夏 [DVD]今回は、「2月の夏(Summer in February)」の批評親友同士のギルバートとAJ。画家のAJは、画家志望のフローレンスと恋に落ち、思いを寄せるギルバートは・・・いわゆるトライアングル系の映画だけど、良くもなく悪くもなくって感じかな人間関係を色濃く描けてなくて、登場人物の背景をしっかりと描けてないただ言いたいことを映像として捉えるのは、すごい上手いと思う主演は、ダン・スティーヴンス(Dan Stevens)、ド...